• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニュース

記事一覧

タクシー配車アプリ「タクベル」を横浜市内で試験導入、DeNA

小林直子=ライター【2017.9.11】

タクシー配車サービスアプリ「タクベル」のロゴと画面イメージ(資料:ディー・エヌ・エー)
[画像のクリックで拡大表示]
タクシー配車サービスアプリ「タクベル」のメッセージ機能と料金支払の画面イメージ(資料:ディー・エヌ・エー)
[画像のクリックで拡大表示]
タクシー配車サービスアプリ「タクベル」のAIを活用した「需要予測システム」の画面イメージ(資料:ディー・エヌ・エー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ディー・エヌ・エー(以下DeNA)は、横浜市と神奈川県タクシー協会(横浜市)の協力の下、タクシー配車サービスアプリ「タクベル」の試験導入を9月12日から実施する。

 アプリをダウンロードした利用者は、乗務員専用端末を搭載したタクシーの配車や運賃の決済を端末上のアプリを通じて行うことができる。迎車地点で乗客と乗務員が効率よく出会えるよう、お互いの現在地を確認できる機能や、定型メッセージを送り合える機能も実装。配車依頼時に目的地を入力しておけば、口頭での行先説明が省略できる。また、周辺の空車走行中のタクシーが可視化されて表示されるため、タクシーを捕まえやすくなる。アプリのダウンロードとタクシー配車サービスの利用は無料だ(別途迎車料金が必要)。対応OSはiOS10.0以上。

 今回の実用実験は、横浜市の中区や西区、JR横浜線沿線(東神奈川~長津田)周辺のエリアを対象として、2017年9月12日から10月31日まで実施する。乗務員専用端末を搭載したタクシー約200台を用いる。アプリのダウンロードは2017年9月12日16時以降可能となる予定。

 アプリにはAIを活用した乗務員向け「需要予測システム」を導入する予定だ。運行中の車両から収集するビッグデータとタクシー需要に関連する各種データを解析し、乗務員へリアルタイムにタクシー需要予測情報を提供することで、乗客獲得のサポートにつなげる。

 2017年3月10日に締結した横浜市とDeNA、横浜DeNAベイスターズ、横浜スタジアムの4者によるスポーツ振興と地域経済活性化などに向けた包括連携協定(I☆YOKOHAMA協定)における取り組みのひとつ。横浜市がIoT、ビッグデータ(オープンデータを含む)、AIの産業利活用や新ビジネス創出を促進し、横浜経済の成長、中小企業のチャレンジ支援と社会課題解決への貢献を目指して2017年4月に立ち上げた「IoTオープンイノベーション・パートナーズ(I・TOP横浜)」の取り組みとしても位置付けられている。

 DeNAは今回、乗客と乗務員による実利用を通じて課題を明らかにし、実用性の高いサービスへつなげたい考えだ。神奈川県内で2018年1月以降の実用化を目指しており、県外の地域へも順次導入を進めたいとしている。横浜市は、主に地元町会や各自治体、各行政機関との連携を図ることでスムーズな実施の推進を協力する。

企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ