• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ニュース

記事一覧

阿波おどり期間中に「イベント民泊」を実施、徳島市が自宅提供者を募集

萩原 詩子=ライター【2017.6.29】

[画像のクリックで拡大表示]
自宅提供者募集チラシ(資料:徳島県)

 徳島市は、「徳島市阿波おどり」期間中の宿泊施設不足の改善と、観光客の滞在時間延長による経済効果を狙って「イベント民泊」を実施する。阿波おどり開催の8月12日から15日を挟む8月11日から16日までの間、自宅の空き部屋などを観光客に提供する市民を募集中だ。

 実施業務はパソナ(東京都千代田区)が受託し、事務局を設置。自宅提供者の募集や研修を行い、自宅提供者や宿泊者からの問い合わせにも対応する。

 事務局は6月1日から自宅提供者募集を開始し、19日までに市内各所で7回の説明会を実施、合計約20名が参加した。今後は随時個別説明を行う。徳島市によると、これまでの応募者数は11人(6月26日時点)。同市観光課では「なるべく多くの人に、おもてなしの心で参加して欲しい」とコメントしている。募集受付期間は7月18日まで。

 自宅提供の要件は、住宅用火災警報器の設置、原則として宿泊者1人あたり3.3m2の床面積を確保することなど。宿泊費は自宅提供者が設定できる。なお、自宅提供は1年に1回限りで、宿泊者の入れ替わりは不可。食事は提供できない。宿泊者募集にあたっては、外国語対応不可、女性限定などの条件設定が可能だ。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ