• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニュース

記事一覧

学校跡地活用PPPに先立ち、静岡県と島田市が地元事業者向け啓発セミナー

山田 哲也=イデア・ビレッジ【2017.6.20】

セミナーのチラシ(資料:静岡県、島田市)
[画像のクリックで拡大表示]
計画地と周辺施設の位置など(資料:静岡県、島田市)
[画像のクリックで拡大表示]

 静岡県と島田市は、旧金谷中学校跡地を活用する民間事業者について、2017年度内を目標にプロポーザル方式による公募を予定している。これに先立ち、7月4日に県内事業者と地域金融機関向けにセミナーを開催する。

 このセミナーは、「公民連携事業は地元の事業者にはなじみが薄い。事前に公有資産を活用した事業についての理解を深めてもらうことで、より多くの地元事業者に参加してもらえれば」(島田市の市長戦略部戦略推進課重点施策担当)という意図で企画された。

 活用基本計画の周知のほか、全国の事例や実際に官民連携事業に参加したことがある事業者の体験談を紹介し、地元事業者に新たなビジネスチャンスの模索を促す。

 旧金谷中学校跡地の活用については、アイデアコンペ、マーケットサウンディング調査、有識者会議などを経て、2016年12月に県と市が基本計画を策定・公表している。民間事業者による施設整備と維持・管理、運営を想定し、食や茶やスポーツなどによる心身の健康などをテーマとしたオリジナリティある交流・賑わいの拠点の整備を目指す。

企画・運営
  • 日経BP総研
お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ