• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ニュース

記事一覧

「Society 5.0」に向けた実証実験を支援、つくば市が事業者公募

黒田 隆明【2018.5.28】

[画像のクリックで拡大表示]
「つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業」のチラシ(資料:つくば市)

 茨城県つくば市は、国が提唱する「Society 5.0」の社会実証に向け、全国の企業、研究機関、教育機関などの実証実験を支援する「つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業」の募集を開始した。IoTやAI、ビッグデータ解析、ロボットなどの新技術つくばのフィールドを活用して具現化することを目指す。募集期間は6月29日まで。

 Society 5.0とは、サイバー空間とフィジカル空間(現実社会)が高度に融合した「超スマート社会」を未来の姿として共有し、その実現に向けた一連の取り組みのこと。

 採択した事業についてつくば市は、トライアルの実施経費の支(上限100万円)を支援するほか、施設の確保やモニターのあっせん、国などに対する規制・制度改革の提案、大学・研究機関とのマッチング、市のイベントでのPRの場の提供などの支援を行う。

 2017年度の同事業では、「特別支援学級の子どもたちのためのスマートデバイスによるコミュニケーション支援」(筑波大学)、「公共施設のトイレで誰でも気軽に健康チェックできる『かんたん健康チェックサービス』」(サイマックス)など5件が採択されている。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ