• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ニュース

記事一覧

地域交流・福祉活動拠点の稼働率改善を目指し、射水市が民間意見募集

小林直子=ライター【2018.5.18】

新湊交流会館の外観(資料:射水市)
[画像のクリックで拡大表示]
新湊交流会館の利用状況。会議室などの年間利用者数は5500~6000人程度で推移している。稼働率は2割に満たない(資料:射水市)
[画像のクリックで拡大表示]

 富山県射水市は、新湊交流会館(射水市三日曽根)の稼働率を改善するためサウンディング型市場調査を実施する。施設の有効利用や稼働率向上を重視した指定管理者の選定に取り組む狙いだ。

 同施設の会議室・研修室・ホールの利用者数は年間5500~6000人程度。2016年度の稼働率は2割に満たなかった。最も稼働率が高い会議室の午後利用(12時~17時)でも19.8%にとどまる。こうしたことから、2017年度に実施された「事務事業外部評価」では稼働率の改善につなげるために、ニーズを捉えた柔軟な施設運営に努めるよう指摘された。

 個別対話は7月9日~13日に実施する。それに先立ち現地説明会を6月5日に開く(申し込み締め切りは6月1日午後5時まで)。個別対話の参加申し込み期間は6月6日~29日で、対象者は指定管理者として同施設を管理・運営する意向を有する法人または法人のグループ(県内に事務所を設立予定の者も含む)。対話内容は、管理や運営上のコンセプト、有効活用や稼働率の向上に向けた取り組み、運営経費など。対話の実施結果の概要は9月に公表する予定だ。

 新湊交流会館は、市民活動の活性化と相互の交流促進を図り、生活の向上と住み良い地域社会づくりの推進を目的として、1996年4月に「旧新湊福祉会館」に併設する形で供用を開始した。2009年に同福祉会館は廃止されたが、福祉活動の場の確保のためボランティアルームと心身障害者連合会室を2010年に増築した。鉄筋コンクリート造の2階建てで、床面積は736m2である。現在は、社会福祉法人 射水市社会福祉協議会が指定管理者として管理運営を行っている。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ