• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニュース

記事一覧

都市公園に温浴施設を新設、泉佐野市が5月にPFI公募

萩原詩子=ライター【2017.4.21】

大阪府泉佐野市が実施する「末広パークビレッジ整備運営事業」の用地付近見取り図(資料:泉佐野市)
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪府泉佐野市は4月12日、PFI事業「末広パークビレッジ整備運営事業」の実施方針を公表した。都市公園「末広公園」内の既存施設を改修すると同時に、新たに温浴施設を整備、一体的に管理・運営するものだ。温浴施設には物販機能と臨時宿泊需要への対応が求められている。

 既存施設の概要は以下の通り。

  • 泉佐野市民総合体育館
    鉄筋コンクリート造2階建て、延べ面積6021.20m2、1981年5月竣工(2015年度に耐震補強工事実施済み)
  • 泉佐野市立健康増進センター
    鉄筋コンクリート造4階建て、延べ面積5945.93m2、1997年7月竣工
  • 末広公園
    都市計画公園(総合公園)、面積8万8575m2(健康増進センター、市民総合体育館、防災備蓄倉庫を除く)

 事業者は、設計、工事監理、建設、維持管理運営の各企業で構成する応募グループによる公募型プロポーザル方式で選定する。事業方式はROおよびBTO方式のPFIで、事業期間は2038年3月末まで。維持管理運営業務は選定されたPFI事業者を市が指定管理者として指定する予定だ。

 泉佐野市では、5月31日に募集要項等を公表する。参加表明期間は7月10日~12日で、提案書の受付締め切りは8月31日。9月下旬には優先交渉権者を決定する。事業者決定後は17年12月に市議会に上程、議決後に特定事業契約を結ぶ。18年4月に指定管理開始、20年9月末までに温浴施設の供用を開始する。

 指定期間は当初10年間、運営状況に支障がなければ、新たに10年間指定する。その後の公園施設の維持管理運営について、市は必要に応じ事業者と協議を行う。

企画・運営
  • 日経BP総合研究所
お知らせ
pickup

ページトップへ