• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニュース

記事一覧

カーシェアリングで移住と観光を促進、奥多摩町とタイムズ24

山田 雅子=ライター【2017.4.19】

 東京都奥多摩町とタイムズ24は4月20日、タイムズ24が展開するカーシェアリングサービスを活用した地域活性化に向けた取り組みを開始する。奥多摩町は、過疎化と少子高齢化により人口減少が続いている。タイムズ24は、奥多摩町から無償で借り受けた土地に、同社のカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」のステーションを設置。車両3台を置き、町民および観光やビジネスで奥多摩町を訪れる人の移動手段として活用してもらうことで、町への移住や観光客の誘致などを支援していく。

(資料:タイムズ24)
[画像のクリックで拡大表示]

 タイムズカープラスの利用料金は、通常、カード発行手数料として1550円、月額基本料として1030円かかった上で、車両を利用する際に車種に応じて15分あたり206円、または同412円がかかる。今回の取り組みでは、車を持たない人でも奥多摩町への移住がしやすくなるように、町民に対しては、カード発行手数料と月額基本料を無料とし、マイカーのように気軽に車を使えるようにする。

 また、町への来訪者の増加を目指す施策としては、タイムズカープラスの中で実施している「ドライブチェックインサービス」を活用する。これは、タイムズカープラスを利用中に、あらかじめ対象地に定められている観光スポットや施設を訪れ、30分以上駐車(エンジン停止)すると、車両返却時に次回以降に使える30分の利用券がもらえるという特典だ。奥多摩町の観光スポットや施設をサービスの対象地にすることで、町への誘客を図る。

 奥多摩町のステーションに設置する3台の車種はセレナ、ノート(以上、日産)、プレマシー(マツダ)。冬季には降雪もある地域のため、いずれの車両も四輪駆動でスタッドレス対応とする。また、足腰の弱い人や高齢者も使えるように、3台のうちセレナは、タイムズカープラスでは初導入となる補助手すり付き福祉車両とした。通常、ミニバンのセレナは15分412円の料金設定だが、今回はコンパクトカーなどに適用される15分206円の料金設定としている。

企画・運営
  • 日経BP総研
お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ