• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ニュース

記事一覧

鳥取市が随契前提の「民間提案制度」、まずは5施設の活用提案募集

萩原詩子=ライター【2018.4.12】

 鳥取市は、新しく導入した「民間提案制度」に基づき、2018年度第1回の公共施設活用案を募集する。鳥取市によれば、この制度は全国で5例目の「随契保証型」。提案内容を知的財産と捉え、提案者との随意契約による事業化を前提とする。ただし、予算が議会で承認されないなどの理由で事業が実施できない場合の解除条件が付く。

 第1回として、低未利用の公共施設5施設(下記参照)の利活用提案を受け付ける。併せて、市が保有するすべての施設(約1000施設)についても提案を募集している。こちらは施設の利活用に限らず、省エネ(ESCO)、包括委託など効率的な施設管理・保全、空きスペース活用、ネーミングライツ、広告掲載などの提案も求めている。

 提案の受け付けは6月4日~8日、審査は6月中旬~7月上旬を予定している。提案に先立ち、4月13日から現地調査・事前相談(質問)を受け付ける(現地調査受け付けは5月29日、事前相談受け付けは5月31日まで)。

鳥取市が活用提案を募集する5施設の外観(資料:鳥取市)
[画像のクリックで拡大表示]
鳥取市が活用提案を募集する5施設一覧(資料:鳥取市)
[画像のクリックで拡大表示]
提案受付から協定締結までのフロー(資料:鳥取市)
[画像のクリックで拡大表示]
協定締結から事業化までのフロー(資料:鳥取市)
[画像のクリックで拡大表示]

■修正履歴
5施設の利活用提案以外の提案募集について、情報を追加しました。 [2018/4/12 15:30]
企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ