• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ニュース

記事一覧

四条畷市、全小学校でIoT登下校見守りサービス、関電と社会実験

渡辺 博則【2018.3.22】

「かんでん見守り隊 OTTADE!」のサービス内容(資料:関西電力)
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪府四條畷市と関西電力は、IoT技術を活用した登下校見守りサービス「かんでん見守り隊 OTTADE!」(以下、OTTADE)の社会実験を、四條畷市内の全小学校において行うことで、3月9日に協定を締結した。今回の社会実験は、スマート見守りサービスを開発・運営するotta(福岡市中央区)の持つIoT技術を活用するもの。2018年4月から四條畷市内の全小学校7校で参加申し込みの受付を開始し、5月から有効性の確認を目的とした社会実験を始める予定だ。

 OTTADEは、ビーコン(電波受発信器)を搭載したホイッスル型の専用端末を携帯する児童の位置情報履歴などを、保護者がスマートフォンなどで確認できるサービスとなる。ビーコンの電波の検知端末である基地局を、住宅や店舗、公共施設などのコンセントに設置することで簡単にサービス基盤を構築できる。また、こうした固定基地局に加えて、専用のアプリケーションをダウンロードしたスマートフォンや、通信機能を持つ車載端末などを移動基地局として使い、位置情報などを取集できる。

 四條畷市ではこれまで、児童の安全確保などを念頭に市内の通学路を中心として防犯カメラの整備などを進めてきた。こうした中、さらなる安全性の向上に向け、今回の社会実験を実施することにした。関西電力は、地域や生活に密着した事業者としてOTTADEのサービス展開を目指している。四條畷市における社会実験は、同社にとってOTTADEを提供する初めてのプロジェクトとなる。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ