• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニュース

記事一覧

電子図書館サービス導入で英語教育環境を強化、天塩町

山田 哲也=イデア・ビレッジ【2017.3.17】

 北海道天塩町は、2017年4月より同町社会福祉会館図書室に電子図書館サービスを導入する。同図書室で発行される専用アカウントを使ってスマートフォンやタブレット、パソコンなどの端末から電子図書館ウェブサイトにアクセスし、電子書籍などを借りることができるようになる。導入するシステム「OverDrive」のサービスを提供するOverDrive Japanが発表した。

リードアロングのサンプル画面。読み上げられている単語の色が変わる(この画面中だと“house”という文字の部分) (c)Chronicle Books LLC
[画像のクリックで拡大表示]

 天塩町は、地方創生事業として「未来への投資」を進めており、その一環として英語教育に力を入れている。OverDrive Japanが取り扱っている英語の電子書籍、オーディオブック(朗読音声コンテンツ)、リードアロング(Read-Along:朗読音声付きページめくり電子書籍)などのコンテンツを活用し、同塩町として英語に親しめる環境を整える(電子図書館には英語コンテンツだけでなく日本語のコンテンツも用意する)。

 OverDirve Japanは、楽天子会社の米OverDrive社と、国内でデジタルコンテンツ流通・配信などを手がけるメディアドゥの業務提携により推進されている電子図書館事業。100万以上のコンテンツを提供しているが、うち国内の出版社数は約50社、1万1000冊以上(2017年2月28日時点)。国内の公共図書館における「OverDrive」の電子図書館サービスは、茨城県竜ケ崎市、潮来市、香川県まんのう町で導入実績がある。

企画・運営
  • 日経BP総研
お知らせ
pickup

ページトップへ