• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニュース

記事一覧

団地内の小学校跡地を民間活用へ、西宮市がアイデア募集

 

黒田 隆明【2017.2.17】

対象地の位置(資料:西宮市)
[画像のクリックで拡大表示]

 兵庫県西宮市は、旧高須東小学校の跡地について、対象地の市場性の有無や公募事業の可能性などについて調査・把握するため、サウンディング型市場調査を実施する。

 対象地は約40年前に開発された武庫川団地の一角に位置する。団地内の小学校を3校から2校に再編したのに伴い、2009年3月末に閉校となった。西宮市では具体的な公共用地としての利活用予定がないことから、民間事業者から活用手法についての意見・提案を募集する。

 用途は住宅を除き具体的に定めていないが、西宮市としては(1)地域貢献に供する機能 、(2)子育て・教育環境の増進に関する機能、(3)武庫川団地の将来的再生につながる機能があれば有意義だとの考えを示している。

 対象地の土地面積約1万7353m2。グラウンドのうち武庫川団地前駅に近接した約5000m2は、保育施設整備の計画があることから対象外となる。敷地内には、1979年築・鉄筋コンクリート造の校舎、体育館などの施設4棟やプールなどがある。民間事業者による活用に際しては、「期間を定めた土地貸付」「現状有姿のままで引き渡し、既存施設の取扱いについては事業者の任意」「対象地全体の活用」を想定している。

 西宮市では、3月2日に現地見学会(2月24日申し込み締切)を実施し、その後3月23日まで参加申し込みを受け付ける。現地見学会に参加しなくても調査に申し込むことができる。また、対象地での事業者公募を行う場合、調査参加実績が有利に働くことはない。

企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ