• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

リポート

記事一覧

シンガポール、未来的都市に「保存再生」で刺激

書籍「世界のリノベーション」より

葛西 玲子=ライター【2017.12.26】

「日経アーキテクチュア・ウェブサイト」2017年12月19日付の記事より

シンガポールと言うと、政府主導の都市計画に基づいた「モダンな建築が立ち並ぶ未来的都市」というイメージが強調されがちだ。だが、歴史遺産の保存再生が大きなアジェンダ(課題)となっていることも見逃せない。このほど発売になった書籍「世界のリノベーション」で紹介した「シンガポールのリノベ事情」を掲載する。

 シンガポールのリノベーションの歴史を振り返りつつ、近年話題となったプロジェクトを紹介したい。

 1965年の建国当時は、スラムを一掃し、近代的で衛生的な環境のインフラづくりに焦点が置かれた。そうしたなか、インフラの発展と経済の成熟とともに、国家の遺産、歴史的価値のあるものを残していくべきだという機運が次第に高まった。

 それを受け1980年代後半には、都市計画を主導するURA(国家再開発庁)により、「保存のためのマスタープラン」が制定される。その後、20世紀初頭に建設された「ショップハウス」と呼ばれる低層の店舗住宅群が残る10の地区が保存建築地域に指定され、それらの地域の建築物の保存と景観を守るための詳細なガイドラインが施行された。

パダン広場よりナショナルギャラリー(右)を望む(写真:Studio Milou)
[画像のクリックで拡大表示]

 そして、「ナショナルギャラリー」(詳細はこちら)のように、英国統治下にあった時代に建造されたシビックエリアの官公庁舎や修道院といった施設が、政府の文化政策により、この10数年の間に軒並み文化施設として改修されてきた。

 URA保存マネジメント部のディレクター、ケルヴィン・アン氏は、「国の持つ歴史と遺産の価値を見いだし、受け継いでいくことは重要なことだ」と語る。そして国家遺産局、政府観光局といった各機関との連携を通じて「保存するということを超えて、その空間に新しい価値を与えていく」ことが文化遺産の価値を高め、それらが観光資源として大きく貢献していることも特記すべきだろう。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ