• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

事例研究

記事一覧

下水処理場が「太陽光+バイオマス発電所」に

「下水汚泥+し尿+生ごみ」を発酵させガスエンジン燃料を製造、豊橋市PFI

金子憲治=日経BPクリーンテック研究所【2017.12.28】

●太陽光発電設備の概要
発電所名豊橋太陽光発電所
住所 愛知県豊橋市神野新田町字中島75番の2(豊橋市中島処理場内)
発電事業者T&Jパワープラント(東京センチュリーとJFEテクノスの出資)
リース会社東京センチュリー
土地所有者豊橋市
設置面積約3万800m2
出力太陽光パネル・約2.472MW、パワーコンディショナー(PCS)・1.995MW
EPC(設計・調達・施工)サービスJFEテクノス
O&M(運用・保守)JFEテクノス
太陽光パネルハンファQセルズ(265W/枚×9328枚)
パワーコンディショナー(PCS)東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製
売電開始日2017年2月
売電単価32円/kWh
企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ