• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

事例研究

記事一覧

高校生がダムカレーで地域おこし

官・学連携プロジェクト 「人気のなさ」逆手にクラウドファンディングで資金調達

三上 美絵=フリーライター【2018.1.4】

『日経コンストラクション』2017年12月11日号「インフラづくりの未来」より

魅力度ランキング最下位の茨城県の中で、最も知名度の低い町──。そんな城里町で、高校生が地域おこしに奮闘。町の地域おこし協力隊や近隣の大学のサポートを受けながらクラウドファンディングで資金を集め、町内のダムをモチーフにした「ダムカレー」を開発している(図1、2)。

図1■茨城県立水戸桜ノ牧高校常北校、常磐大学、城里町の三者による高・大・官連携プロジェクトが支援を呼びかけたクラウドファンディングのサイト。最終的に、120万円の目標金額を上回る138万円が集まった(資料:READYFOR)
図2■プロジェクトのスキーム
城里町の資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]

 ブランド総合研究所(東京都港区)の実施する地域ブランド調査・魅力度都道府県ランキングで、5年連続最下位となった茨城県。城里町は、その茨城県の市町村知名度ランキングで、2015年に3年連続最下位を記録した。

 「日本一魅力度の低い県の、最も知名度の低い町」──。この事実を逆手に取って町のPRに活用しようと立ち上がったのが、町内唯一の県立高校である水戸桜ノ牧高校常北校の生徒たちだ。

高・大・官の連携プロジェクト

 2015年度に2年生の「総合的な学習の時間」で、町を盛り上げる政策を考える課題に取り組んだ。役場職員のサポートを受けながらまとめ上げた政策提案は、上遠野(かとうの)修町長の前でプレゼンテーションした。

 翌年度には、高校側からの呼びかけに応じた水戸市の常磐大学と城里町も加わり、三者による高・大・官連携プロジェクト「めざせスターダム!~Make up 城里~」が発足。単に高校の授業の一環として企画を考えるだけでなく、「地域資源を活用したビジネスプロジェクトの実現と人材の育成」という明確な目的を掲げることになった。インターネットを通じて複数の人から資金を調達する「クラウドファンディング」も盛り込まれた。

 大学からは、総合政策学部総合政策学科の砂金(いさご)祐年准教授が率いるゼミの学生が参加。高校生と大学生が企画考案と資金獲得を手掛け、城里町の地域おこし協力隊がそれを支援する体制だ。さらに、旅行会社JTB関東(さいたま市)もアドバイザーとして協力することになった。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ