• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

事例研究

記事一覧

直営図書館と地元スーパーを一体整備、安城市

中心市街地拠点施設「アンフォーレ」をPFIと定借で

茂木俊輔=ライター【2017.12.22】

地方都市で図書館の集客力は侮れない。愛知県安城市は築30年を超えて間もない中央図書館を郊外部から中心部に移し、民間の力を生かしながら図書館とスーパーマーケットなどの複合施設を整備。中心市街地のにぎわい創出を図っている。施設の整備はPFI(民間資金を活用した社会資本整備)と定期借地という2つの方式を組み合わせ、市が直営で運営する図書館では会話や軽食を認めるなど、新しい運営に挑んでいる。

安城市中心市街地拠点施設「アンフォーレ」の公共施設。図書情報館は2階から4階まで。開館時間は、月曜・水曜から金曜までが朝9時から夜8時まで。土曜・日曜・祝日が朝9時から夜6時まで。閲覧席は870席(写真:茂木俊輔)
[画像のクリックで拡大表示]

 区画が整然とした市街地の角地に建つガラス張りの建物だけに、ひと際目立つ。ガラス越しには、いすに腰掛け、図書館の本を読む利用者の姿が見える。愛知県安城市が2017年6月に開設した中心市街地拠点施設「アンフォーレ」である。

 敷地は、JR安城駅から歩いて5分ほどの中心部。旧更生病院(現安城更生病院)の郊外移転に伴い生まれた跡地約1.2haがタネ地だ。市は土地開発公社を通じて跡地を2003年12月に取得し、2004年1月から中心市街地交流広場として暫定利用してきた。並行して、跡地を含む一帯約3.3haで土地区画整理事業を実施し、基盤整備を進めていた。

 約1.2haの敷地には、大きく3つの施設が公民連携で整備されている。

安城市中心市街地拠点施設整備事業の概要。総事業費は税込み金額(資料:安城市)
[画像のクリックで拡大表示]

 角地に建つガラス張りの地上5階建ての建物は、1階をホールや多目的室など、2階から4階までを図書情報館、5階を事務室で構成する公共施設だ。その隣には、地上2階建ての商業施設と地上4階建ての立体駐車場が民間施設として並ぶ。商業施設には愛知県三河地域を地盤とするスーパーマーケットの「ドミー」と地元のカルチャーセンターである「暮らしの学校」がテナントとして入居する。残る5000m2弱の区域には、広場(願いごと広場)と公園(御幸公園)が広がる。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ