岡崎市、まちの資源フル活用で河川整備に臨む

左手の建物に「wagamama house」が入る。月2回の朝市が立つ「二七市通り」に面する家具店だった場所をリノベーションして使っている(写真:日経アーキテクチュア)

閉じる記事に戻る