• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

事例研究

記事一覧

海側と山側で補完、尾道の遊休建物改修

広島県尾道市「ONOMICHI SHARE」ほか

山本 恵久【2017.10.19】

「日経アーキテクチュア・ウェブサイト」2017年10月10日付の記事より

遊休不動産の利活用やエリア再生の点で近年、広島県尾道市が改めて注目を浴びている。2012年設立のディスカバーリンクせとうちの取り組みが多角的な視点をもたらしている。

(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]

 もともと尾道市は2000年代からの「尾道空き家再生プロジェクト」(08年にNPO法人設立)や、地元事業者による飲食店展開により、ストック活用の点では全国から注目されてきた場所だ。

 ディスカバーリンクせとうちは、「住む人と訪れる人の両方に、まちの魅力を再発見できる機会をつくる」「まちづくりを通じ、事業と雇用を創出する」──などといった理念を掲げて複数の事業を市内で展開。観光名所である千光寺まで上る階段の途上に設けた「せとうち 湊のやど」が、その皮切りとなる。

 また、ストーリーの際立つ取り組みとしては13年4月から「尾道デニムプロジェクト」を開始。尾道で働く様々な職業の人に着用してもらった備後産のデニムを、付加価値のあるユーズド製品として販売する。その由来を説明するために商店街の一角に店舗を開設し、全て対面販売としている。備後地方が日本有数のデニムの産地であるという点をアピールする取り組みでもある。

 特に、宿泊、飲食、物販の機能を持つ「ONOMICHI U2」の開業は話題を呼んだ。県が所有し、市が管理を委託されている海運倉庫を利活用する公民連携プロジェクトで、プロポーザルに共同で応募した設計者のサポーズデザインオフィスと企画・運営者のディスカバーリンクせとうちが、複合施設に転用を提案。これが採用されて14年3月に開業している。

企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ