• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キーパーソン登場

記事一覧

「温泉」と「食」の組み合わせは観光のイノベーションだ

一般社団法人ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構専務理事 小川正人氏(ANA総合研究所取締役会長)に聞く

聞き手・構成:黒田隆明、平島寛【2018.1.9】

欧米で普及しているガストロノミーツーリズム――。「その土地を歩きながら、その土地ならではの食を楽しみ、その土地の歴史や文化を知る旅」である。ここに日本が世界に誇る「温泉」をプラスした新しい観光コンテンツが「ONSEN・ガストロノミーツーリズム」だ。2016年10月に設立されたONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構には現在、17自治体が加盟している。同機構の小川正人専務理事(ANA総合研究所取締役会長)に、滑り出しの手ごたえと今後の展望について聞いた。

(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

――ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構設立の経緯を教えてください。

 ANA総合研究所(以下、ANA総研)の事業の大きな柱の1つに地方活性化があります。私もいろいろと地方を回る中で、地方活性には「コンテンツが必要だ」と常々感じていました。観光客を呼び込むにしても、インバウンド(訪日外国人)を呼び込むにしても、その街に来て何かをするという目的を持ってもらうことが大切だ、と。

 また、ANA総研はフランスのCEEJA(アルザス・欧州日本学研究所)と提携して、アルザス地方のことを研究していました。アルザス地方では、各村でそれぞれ300人から500人ほど集めて、日曜日にガストロノミーウォーキングをやっています。私も参加してみたのですが、地元のワインを飲み、おいしいものを食べ、ワイン畑の絶景を見て歩いて、とても楽しいんですね。

 このガストロノミーウォーキングを日本の温泉地でやったらいいと思ったんです。その地域ならではの食あり、酒あり、絶景ありで、最後に温泉につかることもできる。ウォーキングですから二次交通も箱モノも不要です。そんなところから発想しました。

 そうして、ANA総研とぐるなびが主導して、涌井史郎・東京都市大学特別教授に会長に、別府市(大分県)や長門市(山口県)など温泉地の7市町の首長に発起人になっていただき、推進機構が2016年10月に立ち上がりました。

  最初に手を挙げていただいたのは別府市です。トライアルということで参加費を無料にして、2016年11月にONSEN・ガストロノミーウォーキングを実施したのですが、非常に評判が良かったです。また、参加者の女性比率が約半分、40代以下の比率が高いことが特徴です。

――ウォーキングというと中高年の方が多いという印象ですが。

 もちろん高齢の方もいましたが、ベビーカーを押す家族連れ、女性だけのグループ、外国人もいて、いろいろな人たちが楽しそうに歩いていた。これはいけるなという感触を持ちました。

 翌年(2017年)5月から本格的に始めました。最初は熊本地震から1年ということで、阿蘇市で開催しました。参加費(2000円)は阿蘇神社の復興資金として寄付しました。17年度中(18年3月末まで)に、16カ所で開催予定です。

阿蘇市内牧温泉ウォーキングマップ。ガストロノミーポイントは6カ所。サラダから始まり、最後は阿蘇あか牛炭火焼き。約360人が参加し、参加費(1人2000円)は阿蘇神社の復興資金に寄付された(資料:ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構)
[画像のクリックで拡大表示]
2017年度のONSEN・ガストロノミーウォーキングイベントの実施状況(予定含む・2017年12月時点)(資料:ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構)
[画像のクリックで拡大表示]

――開催した自治体からはどのような反応がありますか。

 自治体が支援したとしても、少ない経費で発信力があり、地域食材の購入でお金が地元に還元されるということで、投資効果が高いと評価していただいています。2018年度も、17年度に実施した自治体を含めて続々と応募があり、倍増の勢いになっています。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ