• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

キーパーソン登場

記事一覧

リアル“人生ゲーム”で商店街を活性化

楽しさは伝わる。まずは自分が楽しむ――出雲市経済環境部産業政策課主任 田中寛氏に聞く

佐保 圭=ライター【2017.11.10】

自治体や商店街のやる気のある熱血漢がキーマンとなる

――出雲市だけでなく、全国に広げる活動にも取り組んでいるようですが。

 「まちあそび人生ゲーム」を全国に広げるための努力は続けますが、「とにかく数が増えればいい」とは思っていません。福井県小浜市は2017年10月に2回目を実施、山形県新庄市も来年3回目を予定しています。千葉県船橋市も来年3月に2回目を実施したいと言っています。1回目で「これはいい事業だ」と思ってくれたからこそ、2回目、3回目と続けてくれる。ありがたいと思っています。数が増えることよりも、継続して取り組んでもらえることの方が大切なんです。

――全国の商店街などに「まちあそびイベント」を普及して地域活性化に寄与するため、2015年8月、NPO法人 出雲まちあそび研究所が設立されました。2014年4月に出向先の21世紀出雲産業支援センターから出雲市役所に戻られた田中さんは、平野裕二理事長、高橋和也副理事長とともに、同研究所の副理事長として、イベントの普及に取り組まれています。出雲市役所の職員とNPO法人の副理事長というご自身の2つの立場について、どのように考えているのでしょうか。

 幸い、いまの上司も、同僚も、とても理解のある人たちなので、もちろん有給休暇の範囲ですがNPOの活動にも取り組めています。ですから、NPOで活動しているときも、常に、出雲市の仕事につなげられるように意識しています。市の職員としての仕事の一つはシティ・プロモーションですので、「まちあそび人生ゲーム」の普及に取り組むことで、少しでも出雲市に何か返せるよう努力しています。

――この「まちあそび人生ゲーム」を導入したいと考える自治体はほかにもあると思うのですが、これを実現するためには、田中さんや、平田本町の平野理事長のような「キーパーソンとなる人材」が必要なのではないでしょうか。

 理事長であったり、それをサポートする人であったり、やる気を持ったキーマンは、どんな地域の商店街にもいます。そういう人たちは、何かあったら必ず助けてくれます。あるいは商店街の人でなくても、市の職員や、商工会議所の職員でもいい。きちんと窓口になってコントロールできる熱血漢がいれば、事業はできる。地域の自治体の方々は、たぶん、すでにそういう人材を見つけているんじゃないかと思います。その熱血漢が商店街の方々に話をするから、商店街も納得して、協力してくれる。そういう人たちが地元でどんどん増えて行くことが、商店街の活性化にとって重要だと私は思います。

――では、最後に「まちあそび人生ゲーム」を成功させるために必要なものとは何か、教えてください。

 楽しいことがしたかったし、自分が遊びたかった。これがやれたらたぶん楽しいだろうな、それで人に喜んでもらえたらなおいいだろうな、というところから始まったので、そんなに志が高い話ではないんです。私は講演会で自己紹介するとき、自分のモットーは「楽しさは伝わる。まずは、自分が楽しむこと」だと話しています。自分が楽しくないことをひとに押し付けても、その人は楽しくなりません。まずは自分が楽しめば、絶対、その楽しさは相手に伝わると思っています。

田中寛(たなか・ひろし)
出雲市経済環境部産業政策課主任、NPO法人 出雲まちあそび研究所 副理事長
田中寛(たなか・ひろし) 1975年1月、島根県出雲市(旧平田市)生まれ。1993年、平田市役所に入所。2005年、2市4町の合併により、出雲市役所職員となる。用地買収、財産管理の不動産登記、土地区画整理、税金の滞納整理などの仕事を経て、2011年4月、NPO法人21世紀出雲産業支援センターに出向。2013年7月、第1回の「平田本町すごろく“バラ色の人生ゲーム”」を開催。2014年4月、出向先から出雲市役所に戻る。2015年1月、第1回の「出雲大社門前まちめぐり“縁結び人生ゲーム”」を開催。2015年8月、NPO法人 出雲まちあそび研究所を設立。現在は、出雲市役所の職員とNPO法人 出雲まちあそび研究所の副理事長という2つの立場で商店街の活性化に取り組んでいる。(写真:佐保圭)
企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ