「地方創生」の順番は、まず個人、家族、コミュニティ、そして地方

(写真=清水真帆呂)

閉じる