• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

キーパーソン登場

記事一覧

ルールは後からついてくる

円城寺雄介氏 佐賀県 政策部 企画課 企画担当係長

伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス【2017.5.18】

 救急現場を可視化するために、佐賀県ではすべての救急車にタブレット端末を配備しました。救急医療のIT化を行って気が付いたのは、技術的には可能であっても実現し難い事情があることです。例えば、現場の様子を動画や写真で医療機関と共有することは、技術的には10年以上前から可能です。しかし、救急車で運ばれているときに「みっともない姿を見られたくない」「失禁や失神したことを知られたくない」というニーズもあります。

佐賀県 政策部 企画課 企画担当係長の円城寺雄介氏(写真:加藤康、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 こういった情報は誰が守るべきなのでしょう。セキュリティーは日進月歩で性能を高めているものの、万能はありえないと思っています。そうすると、情報を守るためには使いづらくて重い、お金がかかる仕組みを導入しなくてはいけなくなってしまいます。

 新しいことを始める際に大切なことは、“諦めるところは諦める”ことではないでしょうか。救急車で運ばれるときに「個人情報も守れ」「命も守れ」というのは無理な話なのです。これでは技術力とセキュリティーの終わりのないせめぎ合いになってしまいます。患者側も捨てるべきところは捨てて、守るべきものを守る必要があると思うのです。

 新しいことを始めるときには、さまざまな壁が立ちふさがります。国と地方に関する事例で、岩手県の貧しい村で村長をしていた深沢晟雄さんという方の話を思い出しました。当時の国民健康保険法では、治療に必要な料金の半分は患者が負担しなくてはなりませんでした。しかし、その村はとても貧しく、高齢者の中には死亡診断書を書いてもらうときに初めて病院を訪れる人もいたほどでした。

 この状況を変えるために、深沢さんは乳児と高齢者の医療費を村が負担することに決めたのです。法律には違反しているかもしれないが、「健康で文化的な最低限度の生活」と明記されている憲法には背いていない。この取り組みを行うことで、国はきっと後からついてくる。そんな思いで始められたことでした。

企画・運営
  • 日経BP総研
お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ