豆苗、トマト、くだもの――農業参入の企業が集まる理由

村上農園(広島市)の植物工場、山梨北杜生産センター。2011年11月に第一期が完成した。豆苗、スプラウトなどを生産する。第一期工事の総工費は約10億円。敷地面積5万6522m2、建物の面積は第一期・1万2838m2、第二期・1万5059m2と大規模な施設だ(写真:村上農園のプレスリリースより)

閉じる