• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自治体トップが語る

記事一覧

「聖地巡礼」成功の決め手は、若い人に響くSNSの徹底活用

アニメ「君の名は。」ブームを地域活性につなげる――飛騨市長 都竹淳也氏に聞く

聞き手:麓幸子=日経BP総研マーケティング戦略研究所長・執行役員、構成・文=新田嘉人【2017.4.11】

記録的な大ヒットとなっているアニメ映画「君の名は。」の一部モデルになった飛騨市。公開から半年が過ぎた今も映画に登場したスポットを訪ねる「聖地巡礼」の観光客が絶えることなく足を運んでいる。その成功のポイントと「君の名は。」ブームの今後の展開について都竹市長に聞いた。

[画像のクリックで拡大表示]
(写真:特記以外すべて山岸政仁)

――2016年8月下旬の映画「君の名は。」の公開後、すぐに飛騨市はモデル地としてファンから注目されました。映画の中で取り上げられた飛騨古川駅や気多若宮神社などに多くの観光客が訪れ、その様子がテレビや新聞でもたびたび報道されました。それだけ早めにプロモーション活動にも取り組んでいたのでしょうか。

 映画に関する情報は、2016年7月上旬に行われた全国一斉試写会までストーリーはもちろん、飛騨市のどこがどんなシーンで使われるのかもほとんど分からず、ただ単に飛騨市が取り上げられるということぐらいしか把握できていませんでした。試写会も飛騨市には映画館もなかったので、富山市内の映画館まで観光課の職員を向かわせて、まず映画の情報収集にあたるような随分のんびりした雰囲気でした。

 ただ、普段は冷静な職員が試写会から戻ってくるなり、「飛騨の風景がすごくきれいに描かれていて、とても素晴らしい内容の映画だった」と興奮気味にみんなに話す姿を見て、今から振り返ってみると、他の観光課の職員とともにこの映画のヒットを予感した瞬間だったともいえます。本当にそこからですね。「飛騨市のPRのためにできることから始めよう」と職員と一緒に知恵を絞りながら取り組むことになったのは。

――具体的に職員はどのようなことをされたのですか。

 一番頭を悩ませられたのはお金の問題でした。すでに観光課で使える年間の予算は決まっていて、9月の補正予算を申請して待っていたらとても映画の公開には間に合いません。ですから限られた予算とわずか1カ月程度というタイムリミットの中で、自分たちでできることから、それこそクチコミ効果を一番に考えながら、自分の身の周りにいる人に声掛けするような小さなことから着手することにしました。

 例えば、飛騨古川駅の待合室に映画で取り上げられた飛騨牛のマスコットキャラクター「ひだくろ」のボードを置いたり、飛騨市民の意識や気分を盛り上げるため市内各所に掲示するポスターを業者と話し合いを重ねながら少ない予算で制作したり。これらは私の指示を待つことなく、職員が積極的に動いてくれたので公開前にはほぼ万全の状態で準備することができました。

 一番大きな効果があったのは、ツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどSNSを活用した情報発信です。

 7月中旬ごろからネット上で「君の名は。」の舞台がどこなのか、ファンの間で聖地探しが話題になっている情報をキャッチすると、中でも一番SNSで影響力のあるキーパーソンを割り出し、その人物に関心を持ってもらえるような情報を観光課の若手職員がこまめに投稿し続けました。この作戦が見事にはまり、公開直前のお盆ごろには、飛騨市が舞台になっているアニメ映画という情報がSNSで一気にファンの間で拡散していました。

企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ