職住を分離、覚悟を持って「脱・シャッター商店街」目指す

土地区画整理を行い、「津波復興拠点区域」に商業エリアを集約。まちづくり会社によるエリアマネジメントを導入する(大船渡市の資料を一部編集部で加工)

閉じる記事に戻る