• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

自治体トップが語る

記事一覧

市民100人と30年後の福山市の未来図を描く

枝広直幹 福山市長に聞く

聞き手:伊藤暢人=日経BP総研 中小企業経営研究所長 構成:尾越まり恵=ライター【2018.3.1】

2016年に市制施行から100周年を迎えた広島県福山市。幅広い世代の市民が集まり、福山の未来づくりをともに考え協働する場として 「ふくやま未来づくり100人委員会」を発足。17年2月から1年間かけて議論を重ね、「30年後の福山の未来図」をこのほど完成させた。18年3月1日からはその図を大型パネルにして市庁舎1階に掲げ市民に公開する。枝広直幹市長に、取り組みの狙いと今後の展開について聞いた。

[画像のクリックで拡大表示]
(写真:松田 弘)

――17年2月に「ふくやま未来づくり100人委員会」を立ち上げられました。まずはこのプロジェクトの概要を教えてください。

 広く市民が集まって、夢やアイデアを語り、自分たちなりの30年後の未来をイメージしてほしい。また、それを行政や民間団体などがしっかりと受け止めて、実現に向けて協力しながら取り組んでいきたい。その思いを込めて始めたのが、「ふくやま未来づくり100人委員会」です。高校生から90代まで、幅広い年齢層の市民の皆さんが集まってくれました。男性50人、女性50人です。新しい時代の官民協働のプロジェクトの一例になればと思っています。

 具体的には、1年間かけて「30年後の観光は」「駅前は」「福山城などの歴史は」「子育て環境は」など、テーマごとにグループに分かれて議論を重ね、市民の皆さんが思い描く30年後の福山を一枚の絵にまとめました。この絵は2月19日からは、福山市内の各支所や公民館、学校、図書館などの公共施設でご覧いただいています。また、3月1日からは市庁舎の1階に大型パネルにして掲げる予定です。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「30年後の福山の未来図」。左が表面、右が裏面。裏面には未来図を16ブロックに分け、各ブロックで描かれている未来についての解説を掲載(資料:福山市)

 実は、私は市長選挙に立候補した時から、「オール福山」で取り組みをしていきたいと考えていました。福山市では1950年頃からもう50~60年、「協働のまちづくり」に取り組んでいます。ただ、経済や社会環境も大きく変化していく中で、今は協働のまちづくりを新たな高みへと進化させるタイミングだと思っています。

――つまり、50~60年前に始まった協働のまちづくりが、今の時代にはマッチしなくなったということでしょうか。

 人口は減少し、高齢化が進んでいます。今までは、公の役割と地域の役割があり、一緒に地域づくりをしていきましょう、ということが成り立っていたのが、難しくなってきた。だからあり方を考え直さなければならない時にきていると思いました。というのも、今、私は車座トークを実施し、市民の声を聞いているのですが、市民の負担感が少し高まっているように感じたのです。

 さらに、「協働のまちづくり」という言葉を取り違えると、行政の仕事を地域にやってもらう、負担を分かち合う、もっと極端な言い方をすると地域に押し付けてしまう、ということになりはしないかという危惧も以前からありました。そうなると協働のまちづくりは続きません。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ