• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

シティブランド・ランキング ―住みよい街2017―

記事一覧

年齢層が上がるほど、住んでいる街へのこだわりが強くなる

[傾向分析編]働く世代にとっての「住みよい街」の条件とは? 男女別・年齢層別の傾向

渡辺 博則=日経BP総研 ビジョナリー経営研究所【2017.12.19】

【男女別の傾向】男性は自然環境や静かさ、女性は文化施設や利便性重視の傾向

 次に、男性と女性とで、32項目の重視度にどのような違いがあるのかを見ていこう。

 下の表は男女別の重視度の順位が、男女で3ランク以上異なる項目を色づけしたものだ。男性の場合は、「街が静か」「公園が多い」といった「快適な暮らし」分野の項目を重視する傾向がある。「街に活気がある」や「自然環境が豊か」なども含め、街の雰囲気を重視する、いわば“環境派”ともいえそうだ。

 一方、女性が重視する項目で特徴的なのは、「図書館や公民館など文化施設が充実している」「職住近接が可能である」が上位に来ること。特に、職住近接の項目は男性よりも7ランク高い。「繁華街へのアクセスがよい」といった「生活の利便性」分野の項目も重視されて、女性のビジネスパーソンの場合は、いわば“機能派”ともいえる傾向が見られる。

●男女による項目ごとの重要度の違い
全体順位 項目 男性順位 女性順位
1 上下水道、ガスなどのライフラインが整備されている 1 1
2 治安がよい 1 2
3 自然災害が少ない 3 3
4 公共交通機関が充実している 3 4
5 買い物がしやすい 6 5
6 歩道など交通安全に配慮した道路が整備されている 5 6
7 病院や診療所が多い 7 7
8 便のよい幹線道路が整備されている 8 10
9 街のイメージがよい 9 8
10 防犯対策が整っている 11 9
11 行政サービスが充実している 13 11
11 街に活気がある 10 15
13 夜間・緊急医療体制が整っている 12 14
14 気候が穏やか 15 12
15 図書館や公民館など文化施設が充実している 18 13
16 自然環境が豊か 14 17
17 公共料金が安い 16 16
18 街が静か 16 24
19 税負担が軽い 19 19
20 保育所や幼稚園が充実している 20 18
21 教育機関が充実している 20 21
22 街に愛着がある 22 23
23 物価が安い 24 22
24 自治体による出産・育児・子育て支援が充実している 23 25
25 職住接近が可能である 26 19
26 行政からの情報発信が充実している 28 26
27 公園が多い 25 31
28 小児科/産婦人科が多い 27 28
29 繁華街へのアクセスがよい 30 27
30 子ども向けの体育・文化活動が盛ん 29 30
31 地方自治に対する住民の意識が高い 30 29
32 介護施設が多い 32 31
※重視度は5段階評価回答の加重平均値(%)。濃いオレンジ/青色の欄は男女の順位差が5以上、薄いオレンジ/青色の欄は3以上(5未満)の項目
企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ