• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

地域を元気にするCSV

記事一覧

プロジェクト編 第9回

創業支援センターTAMA――多摩地域の創業支援プラットフォーム化プロジェクト(多摩信用金庫)

一般社団法人CSV開発機構・編【2017.9.28】

 東京都立川市に本店を置く多摩信用金庫は、立川市、八王子市、武蔵野市を中心とした東京都の多摩地域を地盤とする地域金融機関で、「お客さまの幸せづくり」を経営理念として掲げ、地域課題の解決に向けて、ユニークな施策を展開している。

 中でも地域の産業活性化に大きく貢献しているのが、創業支援のプラットフォーム「創業支援センターTAMA」のプロジェクト運営である。

創業支援センター TAMAのウェブサイト

 このプロジェクトは、2013年度に東京都が募集を開始した「インキュベーションHUB推進プロジェクト事業」に多摩信用金庫の提案が採択されたことからスタートする。

 東京都のこの事業は、高い支援能力・ノウハウを有するインキュベータを中心に複数のインキュベータの連携体(=インキュベーションHUB)を構築し、それぞれの資源を活用し合いながら、創業予定者の発掘・育成から成長促進までの支援を一体的に行う取組を、東京都が後押しするもので、産業の新たな担い手である創業者を生み出し、産業の集積を維持・発展させることを目的としている。

インキュベーションHUB推進事業のイメージ(資料:東京都産業労働局)

 多摩信金の提案は、多摩信金自身や自治体・関係機関をはじめ様々なプレーヤーがそれぞれに展開している創業支援活動を広域でネットワーク化して連携を強め、各々の強みを生かしつつも、多摩地域で創業を目指す方々にとってわかりやすく、継続的に利用しやすいプラットフォームを構築するというもの。2017年8月現在、多摩地域の7市・42団体と覚書を締結している。

 このプロジェクトでは、まず、インターネット上に、多摩地域にある創業支援機関の情報を集約した「創業支援センターTAMA」のホームページを構築し、それぞれの拠点についての情報を掲載するとともに、開催される創業塾や創業セミナー、交流会の情報をタイムリーに提供できるインフラを整えた。

 例えば、創業塾や創業セミナーについては、女性やシニアの創業に特化したものや、ITや一次産業、コンサルタントなど業種に特化したものなど様々な切り口で開催し、2013年11月のセンター開設以降2016年3月までの開催回数は107回を数え、参加者数も1,600名を超えている。

創業塾の様子(提供:マネジメントブレーン〔創業支援センターTAMA連携機関〕)

 各自治体が実施する創業に関する個別相談会には、多摩信金から起業・創業に関する経験・ノウハウを有する「インキュベーションマネージャー」を派遣し、創業にあたっての事業計画書の策定のほか、資金調達や販路開拓など様々な相談ごとに対応できるよう支援を行っている。

創業個別相談会の様子(写真提供:多摩信用金庫)

 創業間もない方をスピーカーとして経験談を学ぶ「ミニブルーム交流カフェ」は2011年度に多摩信用金庫の独自施策として開始され、開催する自治体・創業支援機関が共催や後援として名を連ねる形で、各地で年間20回程度開催されている。

ミニブルーム交流カフェの様子(写真提供:多摩信用金庫)
企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ