• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

地域を元気にするCSV

記事一覧

プロジェクト編 第8回

スマートウェルネス体感パビリオン(ナイスグループ)

産官学でスマートウェルネス住宅の普及を促進

一般社団法人CSV開発機構・編【2017.6.28】

スマートウェルネス体感パビリオンの概観(写真提供:ナイスグループ)
[画像のクリックで拡大表示]

 すてきナイスグループ(以下、ナイスグループ)は、木材・建築資材の流通や一戸建住宅・マンションの供給などを手掛けるナイス株式会社を中核とするグループだ。本社がある横浜市を中心に全国で「耐震」「環境」「健康」を柱として住生活に関する事業を展開している企業である。

 2009年に、横浜市脱温暖化モデル住宅推進事業において最優秀提案者に選出され、モデルハウスを建設。2011年には横浜市において日本初となる全棟CASBEEのSランクを取得した分譲地を開発(全8区画)した。2014年には横浜市においてゼロ・エネルギータウンを開発(全19棟)している。

 そして2015年2月、本社のある地元・横浜市との間で、環境と健康に配慮した建築物の普及や木材の利用促進など5項目に関する包括連携協定を締結した。

 この包括連携協定に関する取り組みの1つとして、ナイスグループでは横浜市内で分譲する2階建ての一戸建て住宅については、すべて長期優良住宅の認定取得および、建築物の環境性能を格付けする「CASBEE横浜〔戸建て〕」の届け出を行っている。また、国土交通省が2016年4月から開始した住宅の省エネ性に関するラベリング制度「BELS」についても、同社は制度開始日から導入し、2017年5月末現在の取得件数は397件に上り、申請者として全国1位となっている。

 2015年10月にオープンした「スマートウェルネス体感パビリオン」も、この包括連携協定に基づく取り組みだ。ナイスグループ、横浜市、慶應義塾大学による産官学連携の共同プロジェクトである。3者はここで住まいと健康や環境との関係について普及啓発を行ったり、エビデンスの集積に向けた様々な実証実験を行ったりするなどしている。

 「スマートウェルネス住宅」とは多様な世代が、安全で安心、健康、省エネ、快適に暮らせる住宅であり、健康寿命の延伸に寄与して環境にも貢献するものとして、国土交通省を中心に国が推進している取り組みだ。2014~16年度には断熱改修を実施する住宅を対象とし、改修前後の温湿度や血圧などを測定する「スマートウェルネス住宅等推進モデル事業」が実施された。国の成長戦略「未来投資戦略2017」では戦略分野の1つ目に「健康寿命の延伸」を掲げ、中・短期工程表の中で具体的な施策として「スマートウェルネス住宅の先進モデルの構築・普及促進」を示している。

オープン記念セレモニー:林文子横浜市長(中央)らによるテープカット(写真提供:ナイスグループ)
[画像のクリックで拡大表示]
無断熱と高断熱の違いを体感できる「くらべルーム」(写真提供:ナイスグループ)
[画像のクリックで拡大表示]

 このパビリオンでは、「温熱」「空気」「睡眠」「安全・安心」「省エネ・エコ」をキーワードに、健康と住まいの関係性について様々な体感ができるほか、併設されたスマートウェルネス住宅仕様のモデルハウスで実際にその性能を体感することができる。

 また、慶應義塾大学伊香賀俊治研究室と共同で実証実験を実施し、断熱性能と血圧の関係性、内装木質化による睡眠及び知的生産性への影響に関するデータを集積し、日本建築学会などにその結果を発表するなど、健康と住まいの関係性についてのエビデンスの蓄積も行われている。

企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ