• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

地域を元気にするCSV

記事一覧

プロジェクト編 第5回

エコカートによる次世代交通対策事業(輪島商工会議所、ヤマハ発動機)

一般社団法人CSV開発機構・編【2017.1.30】

公道を走行する「エコカート」。電動式ゴルフカーを改良した(写真提供:輪島商工会議所)
[画像のクリックで拡大表示]

 朝市と輪島塗で有名な石川県輪島市は、能登半島の北西に位置し、豊かな緑と海に囲まれたまち。北陸新幹線の開通もあって、全国から多くの観光客が訪れる地方都市である。

 しかし、人口減少・少子高齢化などによる利用者減により、バスなどの公共交通機関が衰退。移動手段を持たない高齢者の生活の足の確保が、地域の活性化における大きな課題となっていた。また、観光地としての輪島市は、朝市などの観光スポットがエリア内のあちこちに点在していることから、これらを回遊する観光の足も必要とされていた。

 こうした課題の解決のため、輪島商工会議所が中心となり、「エコカート」で市街地内を回遊させる次世代交通手段の導入を推進してきた。ヤマハ発動機の協力を得て、電動式ゴルフカーをベースとした「エコカート」による新交通システムの構築に取り組んでいるのだ。

エコカート外観と主要スペック(写真・資料提供:輪島商工会議所)
[画像のクリックで拡大表示]

 「エコカート」は、ゴルフ場で使用される電動カーをベースに、公道を走行できるように改良したものだ。排気ガスを出さないため環境に優しいだけではなく、低床構造で高齢者や子どもでも乗り降りしやすい、維持運営コストが低く抑えられるといった特徴がある。

 また、ゴルフ場の電動カーのように、「エコカート」にも電磁誘導による自動運転機能を取り入れれば、システムの安全チェックが、人の運転をアシストすることにより、安全性・操作性が向上することとなり、地元を良く知る高齢者を、案内ガイド兼ドライバーとして雇用することが可能となる。交通インフラ整備とともに、新たな雇用創出による地域の活性化、という一挙両得が見込めるのだ。

企画・運営
  • 日経BP総研
お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ