• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

発表・人口増減率ランキング2017

記事一覧

「人口増加の勢いがある自治体」ランキング2015-17――全国TOP3は、倶知安、印西、苅田

調査企画:日経BP総研 社会インフラ研究所+新・公民連携最前線 協力:フィールドリサーチセンター 執筆:茂木 俊輔=ライター【2017.10.24】

1位・倶知安町――スキーリゾート地に一時滞在する外国人が増加

1位の北海道倶知安町(地図作成:TSTJ.inc)
[画像のクリックで拡大表示]

 倶知安町の人口を押し上げたのは、スキーリゾート地として世界的に知られるニセコ地区に、冬場一時的に滞在する外国人だ。この人数が毎年増えているのだ。

 ニセコ地区とは、ニセコ連峰を中心に、その東から南にかけて広がる一帯を指す。一時的に滞在する外国人のピークは12月。倶知安町の外国人の住民数は2014年12月に766人だったが、15年12月には1045人、16年12月には1545人に増えた。ランキングに使った総務省の統計が毎年1月1日時点の人口であることから、一時的な滞在とはいえ、人口としてカウントされる外国籍住民が増え続けたことが、倶知安町が1位となった大きな理由である。

写真1:北海道倶知安町のニセコ地区には、オーストラリア、香港、シンガポールなどから、外国人観光客が多く訪れる。町の統計によれば、2015年度の宿泊客延べ数は39万1149人という(写真:倶知安町)
[画像のクリックで拡大表示]

 倶知安町の外国籍住民数の推移をたどると、11月になると跳ね上がり、4月になると落ち着くという増減を繰り返す。同町総合政策課では「スキーのインストラクターや宿泊施設の従業員が、毎年冬になると来日し、春になると帰国する。それが、外国籍住民数としてカウントされている」と説明する。

 同課によれば、ニセコ地区が世界的に注目されるようになったのは、2002年ごろ。雪質の良さに目を留めたオーストラリア人が、インターネット上の口コミでそれを広めたのがきっかけという。オーストラリア人にとっては自国との間に時差がほとんどないことから、スキーリゾートの拠点をカナダや欧州から移すようになったともいう(写真1)。

 外国人観光客の増加に伴い、外国資本による不動産投資も活発化。香港の不動産開発会社であるパシフィック センチュリー プレミアム ディベロップメンツとハイアット ホテルズ アンド リゾーツは、ホテルとレジデンスなどで構成する「パーク ハイアット ニセコ HANAZONO」をニセコ地区に2019年に開業することを発表済みだ。倶知安町でも世界に誇る国際リゾートの創出を目指す。


■人口増加の勢いがある自治体2015-17
1~50位51~100位101~150位151~200位201~250位251~308位

「発表・人口増減率ランキング2017」その他の記事

発表・人口増減率ランキング2017一覧

企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ