• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

まちづくりマスター ~切り拓くものたち~

記事一覧

北川フラム氏(アートディレクター)

石井 和也=日経BPヒット総合研究所【2016.8.1】

地域アートが人をつなぎ、まちをひらく【香川県を中心とした瀬戸内地域】

北川フラム氏 アートディレクター
1946年新潟県生まれ。東京芸術大学卒業。「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」「瀬戸内国際芸術祭」のほか、立川市の「ファーレ立川」、新潟市の「にいがた水と土の芸術祭」、大阪府の「水都大阪2009」なども手がける(Photo:Yuki Akiyama)
[画像のクリックで拡大表示]

 7月18日から夏会期に入った「瀬戸内国際芸術祭2016」。3年に1度のトリエンナーレ形式で行われる現代アートの祭典は、香川県を中心とした瀬戸内地域を大いに盛り上げ、まるで夏祭りのようなにぎわいを創出する。

 芸術祭は、春、夏、秋の3会期に分かれ、34カ国、226組の国内外のアーチストが参加して、直島や小豆島などの12の島やその周辺の11自治体(香川県、高松市、丸亀市、坂出市、観音寺市、三豊市、土庄町、小豆島町、直島町、多度津町、岡山県玉野市)で繰り広げられる。

 日本の原風景の残る瀬戸内の島々に、芸術祭のために制作された現代アートの作品が点在。これを楽しみに訪れた観光客を、地域の人たちと「こえび隊」と名付けられた全国から駆けつけたボランティアサポーターの人たちとが一緒になって、“おもてなし”をする光景が展開される。そこには「過疎に悩む島」という暗いイメージはなく、地域の活性化の成功モデルとしての島々の姿を見ることができる。

 地元で「瀬戸芸(せとげい)」と呼ばれる、この芸術祭の総合ディレクターが、北川フラム氏だ。実は2000年に始まり、昨年の第5回目を成功させた新潟県十日町市・津南町開催の「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 」も総合ディレクターを務めている。第3回目から越後妻有の総合プロデューサーを引き受ける福武財団の福武總一郎氏から声を掛けられ、香川県庁の職員と勉強会を開くなかで、瀬戸芸を手がけることになった。

「アート」と「旅」が現場に人を呼ぶ

 「海の持つ豊かさ、島の持つ自在さに注視し、海と島の生活に誇りを持てるように、島の持つ課題に住民が立ち向かえるように手伝いたい」(北川氏)という思いで始めたものだ。北川氏がそれぞれの島の場所柄や資源、歴史を明らかにし、孤立しがちな島の人たちを他の地域の人たちとをつなぐ仕掛けとして用いたのが「現代アート」だった。

 「アートは、写真ではなかなか伝わらないので、現場に人を呼ぶ力になる。また広域で展開するので作品を訪ね歩きながら地域や島の本当の特徴を知ることもできる」と北川氏。

 野外を中心とした広域型の芸術祭というのが瀬戸芸の大きな強みだ。同じ地域アートと言っても、たくさんの現代アート作品を一度に鑑賞できる都市型の芸術祭と違い、瀬戸内のような野外を中心とした広域型の芸術祭は、旅の要素が強い。里山や島の自然も含めてアート作品となっており、海を渡り島を巡る楽しみがある。「アートを道しるべに里山や島をめぐる旅のスタイルの発見が現在のブームを作り出すことになった」(北川氏)。

企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ