• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リポート

記事一覧

人口増減率ランキング2016――全国TOP50・人口規模・都道府県別

調査企画:日経BPインフラ総合研究所+新・公民連携最前線【2016.9.27】

「人口増減率ランキング2016」は、現時点の直近データによる自治体別の人口増減ランキングだ(政令指定都市は行政区単位)。29団体が2年連続でTOP50に入っている。前回の調査でも述べたが、人口さえ増えればよいというわけではないにせよ、市区町村の“今”の勢いを反映している面もあるはずだ。

 「人口増減率ランキング2016」は、総務省が2016年7月に公表した「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」(2016年1月1日現在)のデータに基づき、2015年1月から12月の1年間の人口増減率をランキング化したものだ。政令指定都市については、行政区単位で掲載した。政令指定都市の人口増減率ランキングについては別途掲載している。

 このランキングの基準を「人口増減数」ではなく「増減率」としたのは、人口が増えている比較的規模の小さな自治体を見える化したいと考えたためだ。結果として、全国トップ50のうち11団体が人口1万人未満の自治体だった。

 「増減率」ではなく「増減数」を基準にしたランキングだと様相は大きく異なる。増減数ランキングTOP50に人口1万人未満の自治体は1つもなく、また、TOP10はすべて東京23区の自治体である。TOP20のうち23区と政令指定都市の行政区以外の自治体は5団体にとどまる。吹田市(大阪市)、船橋市(千葉県)、市川市(千葉県)、流山市(千葉県)、川口市(埼玉県)である。

 2016年1月1日時点の日本の人口は1億2806万6211人(対前年マイナス16万0272人)で、7年連続で減少している。人口が増えた自治体は、1896団体(政令指定都市は行政区単位で数えた)のうち412団体だった。

人口増減率ランキング2016 全国TOP50
順位
(増減数順位)
市区町村(都道府県)人口
(2016住基)
増減率増減数自然
増減数
社会
増減数
1(385)御蔵島村(東京都)3145.37 16313
2(70)新宮町(福岡県)31,1394.74 1,4102051,205
3(39)大阪市浪速区(大阪府)64,7223.92 2,441-62,447
4(328)留寿都村(北海道)1,9553.66 69-675
5(27)大阪市西区(大阪府)91,2733.55 3,1335052,628
6(10)中央区(東京都)142,9953.55 4,9071,0833,824
7(389)三島村(鹿児島県)3883.47 13112
8(29)大阪市中央区(大阪府)94,9013.34 3,0704262,644
9(61)千代田区(東京都)58,5762.99 1,7032051,498
10(382)十島村(鹿児島県)6842.86 19-322
11(80)つくばみらい市(茨城県)50,3232.65 1,299441,255
12(31)大阪市北区(大阪府)117,8862.60 2,9923252,667
13(191)中城村(沖縄県)19,7252.33 45093357
14(402)利島村(東京都)3142.28 761
15(387)小菅村(山梨県)7392.21 16-117
16(19)流山市(千葉県)176,2482.08 3,5895373,052
17(391)北大東村(沖縄県)5902.08 12111
18(161)八重瀬町(沖縄県)30,0932.02 597162435
19(170)大和町(宮城県)28,3082.01 55760497
20(87)福津市(福岡県)60,2631.98 1,172-291,201
21(4)新宿区(東京都)334,1931.98 6,481-296,510
22(209)昭和町(山梨県)19,4721.97 37799278
23(93)長久手市(愛知県)55,5551.97 1,075485590
24(370)占冠村(北海道)1,2421.97 24222
25(30)さいたま市浦和区(埼玉県)156,1431.96 3,0022972,705
26(75)大阪市天王寺区(大阪府)73,6101.91 1,3812411,140
27(277)忍野村(山梨県)9,4041.87 17327146
28(8)豊島区(東京都)280,6391.86 5,132-2035,335
29(15)福岡市博多区(福岡県)219,1341.83 3,9329083,024
30(270)朝日町(三重県)10,4801.83 18851137
31(42)戸田市(埼玉県)135,2431.78 2,3637161,647
32(86)吉川市(埼玉県)71,0481.68 1,177205972
33(148)菊陽町(熊本県)40,5131.65 657274383
34(7)品川区(東京都)378,1231.62 6,0468295,217
35(9)中野区(東京都)321,7341.61 5,109-345,143
36(90)木津川市(京都府)74,2371.56 1,1421271,015
37(147)南城市(沖縄県)42,8361.56 65882576
38(18)川崎市中原区(神奈川県)243,7681.54 3,6931,5012,192
39(254)豊山町(愛知県)15,3601.53 23245187
40(2)江東区(東京都)501,5011.53 7,5491,1836,366
41(21)札幌市中央区(北海道)230,3821.51 3,418-583,476
42(41)川崎市幸区(神奈川県)161,8251.50 2,3913902,001
43(250)倶知安町(北海道)16,0601.48 23515220
44(114)豊見城市(沖縄県)62,5661.47 908511397
45(327)ニセコ町(北海道)5,0561.46 73-1386
46(396)渡嘉敷村(沖縄県)6931.46 10-313
47(293)東神楽町(北海道)10,3851.45 148-19167
48(26)つくば市(茨城県)223,7551.42 3,1336532,480
49(241)滑川町(埼玉県)17,9991.41 25118233
50(240)与那原町(沖縄県)18,9061.41 26317489

人口増減率ランキング2016 表の見方とランキング算出方法

■表の見方
人口(2016住基)
「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成28年1月1日現在)」(総務省)より。表データはすべてこのデータに基づく。
増減率
住民基本台帳人口増減数(2015年1月1日より同年12月31日までの集計)÷2016年1月1日時点の人口数(住民票記載ベース)×100
増減数
住民基本台帳人口増減数=住民票記載数‐住民票消除数
自然増減数
出生者数-死亡者数
社会増減数
(転入者数+その他の住民票記載者数)-(転出者数+その他の住民票消除者数)
注)増減数=自然増減数+社会増減数となる
■ランキング算出方法
「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成28年1月1日現在)」(総務省)の人口増減率を「人口増減率」としてランキング化。政令指定都市は行政区単位で集計した。政令指定都市については、別途参考ランキングを掲載。
■人口増減率ランキング2016
<関連ランキング>

■人口増減率ランキング2015 ■人口増加自治体・総合ランキング2010-15

ランキングINDEXに戻る

企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ