第2回 人口増加自治体・総合ランキング

記事一覧

人口増加自治体・総合ランキング2010-15――1位は富谷町(宮城県)

トップ10自治体の横顔を紹介

調査企画:日経BPインフラ総合研究所+新・公民連携最前線 文:栗田真二郎=チカラ【2016.5.24】

日経BPインフラ総合研究所と新・公民連携最前線は、市区町村(政令指定都市は行政区単位)の人口関連のデータを集計・分析して「人口総合ランキング」を作成した。今回で2度目の調査となる。1位は富谷町(宮城県)、2位は粕屋町(福岡県)、3位は長久手市(愛知県)だった。

 ランキングは、(1)2010年と15年(速報)の国勢調査による人口の増減率、(2)国立社会保障・人口問題研究所(社人研)が作成した「日本の地域別将来推計人口」(2013年3月)による2040年までの人口増加率、および、(3)日本創成会議による2040年までの女性増加率(人口移動が収束しない場合の20~39歳女性人口比率)の3つの要素から算出した。この5年間で人口が増えているかどうかに加えて、今後の自治体のポテンシャルも含めて評価してランク付けしたものだ。

 (ランキング算出方法は若干異なるものの)前回同様、今回も上位にランキングされた自治体は大都市圏のベッドタウンが多い。都心部と比べて相対的に家賃が安いことに加え、新駅・道路など交通インフラの整備や商業施設の集積により通勤や買い物の便がよいこと、さらに、子育て施策の充実や豊かな自然環境などが、人口増につながるプラス要因として考えられそうだ。

 次ページからは、全国トップ10の市区町村について紹介する。

人口総合ランキング2010-15 全国TOP20
順位市区町村
(都道府県)
2010-15
増減率
人口総数
2015
人口総数
2010
2040
人口指数*
2040
女性指数*
1富谷町(宮城県)9.6751,59247,042124.40108.34
2粕屋町(福岡県)8.0345,37141,997129.81111.31
3長久手市(愛知県)10.7157,59352,022122.1792.37
4新宮町(福岡県)22.9330,33924,679114.0590.88
5吉岡町(群馬県)6.4921,08619,801114.98101.92
6豊見城市(沖縄県)6.7561,12857,261123.7596.36
7横浜市都筑区(神奈川県)5.28211,899201,271125.24113.39
8大津町(熊本県)7.1933,48031,234112.5894.50
9吉川市(埼玉県)6.8369,75965,298110.48101.66
10滑川町(埼玉県)5.1318,21117,323115.12100.83
11菊陽町(熊本県)8.6440,99637,734114.6386.93
11福岡市西区(福岡県)7.09206,974193,280112.2891.40
13八重瀬町(沖縄県)9.0129,08426,681110.2889.87
14日進市(愛知県)4.4888,01084,237116.47101.81
14南風原町(沖縄県)6.4537,51835,244112.7289.49
16木津川市(京都府)4.4272,84369,761115.50103.74
17朝日町(三重県)9.7310,5639,626112.5385.20
18高浜市(愛知県)5.0546,25244,027110.6097.63
19鳥栖市(佐賀県)5.5572,91069,074108.1397.59
20野々市市(石川県)6.2455,12251,885112.8887.64
20江東区(東京都)8.10498,144460,819108.5488.03
* 2010年を100とした場合
人口ランキングINDEX

人口総合ランキング2010-15

人口増減率ランキング2015

表の見方とランキング算出方法

人口総合ランキング2010-15

■表の見方
2010-15増減率
国勢調査による2010年-15年の人口増減率(15年は速報値)
人口総数2015
「平成27年国勢調査(人口速報集計結果)」より
人口総数2010
「平成22年国勢調査」より
2040人口指数(※1)
国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口」(2013年3月)の2040年の将来推計人口に基づき、2010年を100とした場合の指数
2040女性指数(※2)
日本創成会議による「全国市町村別「20~39歳女性」の2040年の推計人口」(2014年5月)の人口移動が収束しない前提における2040年の将来推計人口に基づき、2010年を100とした場合の指数
注) (※1)と(※2)については、8政令指定都市(さいたま市、相模原市、新潟市、静岡市、浜松市、堺市、岡山市、熊本市)における行政区単位のデータ、および、福島県の市町村単位のデータがない。このため、上記8政令指定都市の行政区には、一律で市単位の数値を、福島県の市町村には一律で県単位の数値を代用した。
■ランキング算出方法
全市区町村(政令指定都市は行政区単位・合計1896団体)を対象に、
(1)国勢調査による2010年-15年の人口増減率
(2)国立社会保障・人口問題研究所公表の2040年までの人口増加指数
(3)日本創成会議公表の2040年までの20-39歳女性人口増加指数
の3項目それぞれについて、1位に1896ポイント、最下位に1ポイントを付与し、3項目の合計ポイントが最も多い自治体を1位としてランキングを付けた。政令指定都市については、政令指定都市のみでポイントを付け、参考ランキングとして別途掲載した。
(前回のランキング算出方法)
全市区町村(政令指定都市は区単位)を対象に、(1)国勢調査による2005-10年の人口増減率、(2)国立社会保障・人口問題研究所公表の2040年までの人口増加指数、(3)日本創成会議公表の2040年までの20-39歳女性人口増加指数の3項目それぞれについて、1位から100位までを算出。1位に100ポイント、最下位に1ポイントを付与し、3項目の合計ポイントが最も多い自治体を1位としてランキングを付けた。(2)(3)については、行政区単位のデータがない政令指定都市、および、市町村単位のデータがない福島県内の自治体については得点なしとした。

人口増減率ランキング2015

■表の見方
人口(2015住基)
「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成27年1月1日現在)」(総務省)より。表データはすべてこのデータに基づく。
増減率
住民基本台帳人口増減数(2014年1月1日より同年12月31日までの集計)÷2015年1月1日時点の人口数(住民票記載ベース)×100
増減数
住民基本台帳人口増減数=住民票記載数-住民票消除数
自然増減数
出生者数-死亡者数
社会増減数
(転入者数+その他の住民票記載者数)-(転出者数+その他の住民票消除者数)
注)増減数=自然増減数+社会増減数となる
■ランキング算出方法
「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成27年1月1日現在)」(総務省)の人口増減率を「人口増減率」としてランキング化。政令指定都市は行政区単位で集計した。政令指定都市については、別途参考ランキングを掲載。
注) 「人口増減率ランキング2015」の「人口規模別ランキング」は、「人口総合ランキング2010-15」との比較を可能にするため、「平成27年国勢調査」(速報値)時点の人口を用いた「人口総合ランキング2010-15」と同じ区分した。このため、住民基本台帳ベースの人口数と人口規模の区分は必ずしも一致しない。

1位 富谷町(宮城県)

 1位となった富谷町は、仙台市の北部に隣接している。仙台都市圏の居住機能を担うエリアとして、1971年に始まった東向陽台団地の分譲を皮切りに、町の南エリアで複数の新興住宅地が計画的に開発された。

 その結果、人口は右肩上がりに上昇を続け2012年には5万人を突破した。2016年10月には合併を伴わずに市制移行が予定されている。ちなみに東に隣接する利府町も仙台市のベッドタウンとして発展しており、今回のランキングでは57位に入っている。

  国道4号と東北自動車道が並走するように縦貫し、富谷インターや富谷JCTが町中央部にあるため、車での移動も便利となっている。1992年には隣接したエリアに仙台市営地下鉄・泉中央駅(仙台市泉区)が開業して、仙台市都心部までの所要時間が15分と、従来に比べて大幅に短縮、近年は仙台市からの転入者が6割を超える。大型商業施設が南エリアや仙台市北部に集積しているため、生活用品などの買い物がしやすく、キャンプ場も備えた大亀山森林公園など自然にも恵まれている。近年も「スマートコモンシティ明石台」(2011年)など住宅開発が続き、2016年4月には会員制量販店「コストコ」が進出した。

・富谷町の人口ビジョン/総合戦略


ランキングINDEXに戻る

2位 粕屋町(福岡県)

 粕屋町は西で福岡市と隣接し、町の中央にある長者原(ちょうじゃばる)駅から博多駅までJR篠栗(福北ゆたか)線で約10分強と通勤アクセスに優れる。九州自動車道や福岡都市高速道路、福岡市に至る国道201号、県道607号などが町内を横断し、福岡空港までは車で約10分の距離だ。

 1957年に2つの村が合併して誕生した当時は人口約1万人の小さな農業の町だったが、1967年に福岡都市計画区域になると交通利便性の良さを背景に福岡市のベッドタウンとして発展する。全国有数の人口増加エリアである福岡都市圏の受け皿として宅地開発が続き、2014年には人口4万5000人を突破した。同町の人口ビジョンによると、福岡市からの転入超過の割合が高く、約半数を占めている。

 周辺部に大型商業施設やスーパー、ドラッグストアなどが集積し、筑前三大大池の1つ、駕輿丁(かよいちょう)池を中心に整備された駕与丁公園は町民の憩いの場となっている。子育て世代も多く、合計特殊出生率2.08(2013年)は県内一高い。2040年時点の推計人口増加率(29.8%)は全国1位となっており、今後も継続的な人口増が見込まれている。

・粕屋町の人口ビジョン/総合戦略


ランキングINDEXに戻る

3位 長久手市(愛知県)

 名古屋市の東に隣接し、戦国時代に豊臣秀吉と徳川家康が戦った「小牧・長久手の戦い」の舞台として知られる。2005年の「愛・地球博」では開催会場の1つにもなった。

 1969年に名古屋市営地下鉄が藤が丘(名古屋市名東区)まで延伸され、藤が丘駅から徒歩圏内にある市の西部エリアで住宅・商業施設の開発が始まり、名古屋市のベッドタウンとしての開発が本格化した。その勢いは現在も衰えていない。

 「愛・地球博」開催に合わせて東名高速道路の分岐線である名古屋瀬戸道路や、日本初の磁気浮上式リニアモーターカー「リニモ」(東部丘陵線)が開通して市の西側にある藤が丘駅に乗り入れるなど、市内東部エリアとの交通アクセスが向上。リニモ沿線を中心に住宅や商業地の開発が進み、2008年に人口が5万人を突破した。2012年1月には市制に移行している。

 市内に大学が4校ある「学園都市」であることに加え、30~40代が突出した人口構成比になっている。スケートリンクや温水プールなどを備える194ヘクタールの広域公園「愛・地球博記念公園」をはじめ、東部エリアを中心に自然が多いこともこのエリアの魅力の1つとなっている。国際的なイベントを機に、交通機関と文化施設が整備され、自治体の魅力が高まった典型的な例といえる。

・長久手市の人口ビジョン/総合戦略


ランキングINDEXに戻る

4位 新宮町(福岡県)

 2010年~15年の人口増加率は22.9%と全国2位と急激な伸びを示しており、この5年間における人口増が著しい。参考データながら、前回調査の37位から大きくジャンプアップした。

 新宮町は福岡市と北東部で隣接し、総合ランキング2位の粕屋町と同じ福岡県糟屋郡に属する。中心部をJR鹿児島本線や国道3号という大動脈が貫く。2007年に「ウェリスパーク新宮 社の宮」、翌年には「シンプレット新宮」などの大型新興住宅地が開発され、福岡市のベッドタウンとして住宅開発が進んだ。

 従来、公共交通機関は、西鉄貝塚線の終点、西鉄新宮駅しかなかったが、2010年に町に初めてJR駅(新宮中央駅)が新設され、博多駅まで30分程度で移動ができるようになったことを機に駅周辺部の再開発が一気に進んだ。2012年には、スウェーデン発祥の人気家具専門店「IKEA福岡新宮」が九州初出店し、駅を取り囲むように多くの分譲マンションやスーパー、飲食店などが立ち並ぶ。

 一方で、クスノキの原生林が残る市南部の立花山、白砂や松林が美しく夏は海水浴場として賑わう新宮海岸など自然環境が残っているところも魅力の1つとなっている。

・新宮町の人口ビジョン/総合戦略


ランキングINDEXに戻る

5位 吉岡町(群馬県)

 群馬県のほぼ中央部に位置し人口は約2万人。2村が合併し町制が施行されたのは1991年と、比較的歴史が浅い町だ。利根川の西側に位置し、東に前橋市、北に渋川市と隣接。県内最大の高崎市とも近い。これらの都市のベッドタウンとして人口増が続いている。

 群馬県を南北に貫く国道17号は町内を通らず、利根川の東側に沿うように国道が通っていたためアクセスに難があったが、前橋市と結ぶ町南部の上毛大橋の開通や、2010年に国道17号の前橋渋川バイパスが開通したことによって交通事情が改善した。その後も前橋市につながる吉岡バイパスの開通、ETC専用の関越自動車道駒寄スマートインターチェンジの供用開始などが続き、南部エリアへの大型商業施設の出店や住宅地の開発などが進んでいる。東西の外縁部においては、船尾滝周辺や利根川など豊かな自然も多く残っている。

 ただ、町に鉄道駅はなく、路線バスも含めて公共交通機関の利便性は高くない。沿線住民を中心に新駅を待望する声もあり、その動向次第ではさらなる人口増も見込まれる。

・吉岡町の人口ビジョン/総合戦略


ランキングINDEXに戻る

6位 豊見城市(沖縄県)

 沖縄本島南部に位置し、北は県都・那覇市に隣接する。戦前はサトウキビ、戦後は野菜産地が盛んな農村だったが、本土復帰を境に急速に都市化が進んだ。人口も増加の一途をたどり、1976年には全国一人口の多い村(当時は豊見城村)となった。

 2002年には地方自治法施行後初めて、村から市へと衣替えし、「豊見城市」が誕生。市制施行以降も、臨海地域である豊崎地区の埋立事業および企業誘致、那覇空港にほど近い宜保地区の区画整理事業と住宅開発が続いた。

 豊崎地区では計画的な都市開発のもと、住宅、アウトレットモールなどの大型商業施設、公園のほか、県内最大級の人工ビーチ「豊崎美らSUNビーチ」などが整備され、県外からの移住者にも人気のエリアとして注目を集める。市の中央部に位置する宜保地区、北部の真玉橋地区なども那覇市のベッドタウンとして宅地開発が進み、全体としては30~40代の構成比が高くなっている。

・豊見城市の人口ビジョン/総合戦略


ランキングINDEXに戻る

7位 横浜市都筑区(神奈川県)

*財政力指数と経常収支比率は横浜市全体の数値

 横浜市北部に位置し川崎市に隣接する都筑区は、1994年に港北区と緑区の再編成により誕生する。区の北部および中央部は、高度経済成長を背景とした都市化による乱開発防止と、都市と農業の調和などを目的に横浜市が「港北ニュータウン」として整備を進めた。その面積は区全体の約半分に及び、市営地下鉄センター南駅とセンター北駅を中心とするタウンセンター地区では、横浜の主要な生活拠点として、商業・業務・サービスの集積や文化施設の整備が進む。

 1996年に土地区画整理事業は完了したが、その後も市営地下鉄「グリーンライン」の中山-日吉間の開通(2008年)により東京都心や横浜中心部へのアクセスが向上。大型商業施設の出店など新たな魅力が生まれたこともあって人口は増え続け、区誕生から2014年までの20年間で約10万人が増加した。

 ここ数年は人口増加率がやや鈍化しているが、「2040年人口指数」は2010年を基準に25%増と全国2位。今後も発展が見込まれそうだ。

・横浜市の人口ビジョン/総合戦略


ランキングINDEXに戻る

8位 大津町(熊本県)

 熊本市と阿蘇山の中間に位置する。読みは「おおづ」。熊本から阿蘇を経て大分に至るJR豊肥本線、国道57号が町を東西に走り、九州自動車道熊本インターまで約20分と交通アクセスは良い。JR肥後大津駅に隣接するビジターセンターからは、無料バスが最速12分で熊本空港を結ぶ。

 1956年、近隣の6町村が合併して2万3000人を超える規模となったが、高度成長期に町外への人口流出が続き1975年には1万8000人にまで減少した。1976年に本田技研工業の誘致に成功したことが転機となり、交通アクセスの優位性を生かした企業誘致が進んだ。複数の工業団地などで企業進出が続き、人口は増加、2007年には3万人を突破する。製造業の企業誘致の努力を続けてきたことが人口増加の大きな要因といえそうだ。

 1997年には美咲野地区で大規模な宅地開発が手がけられ、住環境の整備も進んだ。その一方で、町の面積の3分の2を山林が占めており、阿蘇外輪山に連なる山林・原野や、中心部を流れる白川など、雄大な自然もまだ残されている。

・大津町の人口ビジョン/総合戦略


ランキングINDEXに戻る

9位 吉川市(埼玉県)

 1955年に旧吉川町、旭村、輪野江村が合併して誕生した。埼玉県の南東部に位置し、東は江戸川を挟んで千葉県野田市と流山市に、西は中川を挟み埼玉県越谷市、草加市、南は三郷市、北は松伏町と接する。人口7万人弱。

 1973年のJR武蔵野線・吉川駅の開業や吉川団地の完成を機に、周辺で土地区画整理が進められ、人口が大きく伸び始めた。1991年には人口が5万人を突破、1996年には市制を施行した。「ピアラシティ」(2005年、三郷市)、「イオンレイクタウン」(2008年、越谷市)、「ららぽーと新三郷」(2009年、三郷市)など、周辺部における複合商業施設の開業も人口流入の追い風となっていると考えられる。

 2012年 には吉川美南駅が開業し、駅周辺の美南地区で土地区画整理・住宅開発が進んだ。駅東口でも土地区画整理事業の構想がある。

・吉川市の人口ビジョン/総合戦略


ランキングINDEXに戻る

10位 滑川町(埼玉県)

 埼玉県西部に位置し、北は熊谷市、南は東松山市と接する。2002年、川越市を経て東京都心に至る東武鉄道東上本線で新駅「つきのわ駅」が開業し、東武鉄道による住宅開発、大型商業施設の出店などで人口が急激に伸びた。町を縦断する熊谷東松山道路(県道173号)は、町のすぐ南側で国道254号や関越自動車道東松山インターと直結するなど、周辺との交通アクセスは比較的良い。2006年には、その熊谷東松山道路沿いに「なめがわ森林モール」が開業するなど、ショッピングの環境も充実している。2015年には人口が約1万8000人まで増加した。

 子どもの医療費は高校3年生まで無料、給食費は保育園・幼稚園から中学校まで無償となっており、子育て支援にも力を入れている。合計特殊出生率は1.53と県(1.38)、全国(1.31)を上回り、増加傾向にある。また、国営武蔵丘陵森林公園など丘陵地に囲まれ、自然環境と一体となった公園・レクリエーション施設が整備されている。

・滑川町の人口ビジョン/総合戦略


ランキングINDEXに戻る

この記事のURL http://www.nikkeibp.co.jp/ppp/atcl/tk/PPP/042300038/051900005/