• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第2回 人口増加自治体・総合ランキング

記事一覧

人口増加自治体・総合ランキング2010-15――1位は富谷町(宮城県)

トップ10自治体の横顔を紹介

調査企画:日経BPインフラ総合研究所+新・公民連携最前線 文:栗田真二郎=チカラ【2016.5.24】

1位 富谷町(宮城県)

 1位となった富谷町は、仙台市の北部に隣接している。仙台都市圏の居住機能を担うエリアとして、1971年に始まった東向陽台団地の分譲を皮切りに、町の南エリアで複数の新興住宅地が計画的に開発された。

 その結果、人口は右肩上がりに上昇を続け2012年には5万人を突破した。2016年10月には合併を伴わずに市制移行が予定されている。ちなみに東に隣接する利府町も仙台市のベッドタウンとして発展しており、今回のランキングでは57位に入っている。

  国道4号と東北自動車道が並走するように縦貫し、富谷インターや富谷JCTが町中央部にあるため、車での移動も便利となっている。1992年には隣接したエリアに仙台市営地下鉄・泉中央駅(仙台市泉区)が開業して、仙台市都心部までの所要時間が15分と、従来に比べて大幅に短縮、近年は仙台市からの転入者が6割を超える。大型商業施設が南エリアや仙台市北部に集積しているため、生活用品などの買い物がしやすく、キャンプ場も備えた大亀山森林公園など自然にも恵まれている。近年も「スマートコモンシティ明石台」(2011年)など住宅開発が続き、2016年4月には会員制量販店「コストコ」が進出した。

・富谷町の人口ビジョン/総合戦略


ランキングINDEXに戻る

「第2回 人口増加自治体・総合ランキング」その他の記事

第2回 人口増加自治体・総合ランキング一覧

企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ