• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第2回 人口増加自治体・総合ランキング

記事一覧

人口増加自治体・総合ランキング2010-15――1位は富谷町(宮城県)

トップ10自治体の横顔を紹介

調査企画:日経BPインフラ総合研究所+新・公民連携最前線 文:栗田真二郎=チカラ【2016.5.24】

9位 吉川市(埼玉県)

 1955年に旧吉川町、旭村、輪野江村が合併して誕生した。埼玉県の南東部に位置し、東は江戸川を挟んで千葉県野田市と流山市に、西は中川を挟み埼玉県越谷市、草加市、南は三郷市、北は松伏町と接する。人口7万人弱。

 1973年のJR武蔵野線・吉川駅の開業や吉川団地の完成を機に、周辺で土地区画整理が進められ、人口が大きく伸び始めた。1991年には人口が5万人を突破、1996年には市制を施行した。「ピアラシティ」(2005年、三郷市)、「イオンレイクタウン」(2008年、越谷市)、「ららぽーと新三郷」(2009年、三郷市)など、周辺部における複合商業施設の開業も人口流入の追い風となっていると考えられる。

 2012年 には吉川美南駅が開業し、駅周辺の美南地区で土地区画整理・住宅開発が進んだ。駅東口でも土地区画整理事業の構想がある。

・吉川市の人口ビジョン/総合戦略


ランキングINDEXに戻る

「第2回 人口増加自治体・総合ランキング」その他の記事

第2回 人口増加自治体・総合ランキング一覧

企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ