• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リポート

記事一覧

人口増減率ランキング2015――全国TOP50・人口規模・都道府県別

調査企画:日経BPインフラ総合研究所+新・公民連携最前線【2016.5.24】

「人口増減率ランキング2015」は、現時点の直近データによる自治体別の人口増減ランキングだ(政令指定都市は行政区単位)。人口さえ増えればよいというわけではないにせよ、市区町村の“今”の勢いを反映している面もあるはずだ。

 「人口増減率ランキング2015」は、総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」(2015年1月1日現在)のデータに基づき、2014年1月から12月の1年間の人口増減率をランキング化したものだ。

 「人口増減率ランキング2015」では、「今」の人口増の勢いを見ようとしているのに対して、同時公開した「人口増加自治体・総合ランキング2010-15」は、国勢調査による5年間の人口増減データに加え、社人研と日本創成会議による将来予測を加味することで、自治体のポテンシャルも尺度に加えたランキングだ。上位自治体の顔ぶれは両者でかなり異なっている。

 このランキングの基準を 「人口増減数」ではなく「増減率」としたのは、比較的規模の小さな自治体で人口が増えている団体を見える化したいと考えたためだ。結果として、人口3ケタの自治体が全国トップ10のうち4自治体を占めることとなった。

 「増減率」ではなく「増減数」のランキングを見てみると、様相は大きく異なる。増減率の全国上位20位には東京23区からは3団体しかランクインしなかった。千代田区(2位)、中央区(5位)、港区(16位)である。これに対して、増減数のランキングでは全国上位20位までのうち15団体が東京23区である。また、首都圏と呼ばれる1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)以外で20位以内に入ったのは大阪市中央区のみだった。

人口増減率ランキング2015 全国TOP50
順位
(増減数順位)
市区町村(都道府県)人口
(2015住基)
増減率増減数自然
増減数
社会
増減数
1(359)三島村(鹿児島県)3755.3419-524
2(28)千代田区(東京都)56,8735.012,7132352,478
3(64)新宮町(福岡県)29,7294.871,3802051,175
4(348)十島村(鹿児島県)6654.5629326
5(4)中央区(東京都)138,0884.135,4789904,488
6(19)大阪市中央区(大阪府)91,8313.793,3532973,056
7(365)粟島浦村(新潟県)3583.7713-417
8(358)北大東村(沖縄県)5783.5820119
9(51)長久手市(愛知県)54,4803.181,6814181,263
10(279)ニセコ町(北海道)4,9832.591261125
11(25)大阪市北区(大阪府)114,8942.562,8632712,592
12(296)竹富町(沖縄県)4,2052.49102894
13(39)大阪市西区(大阪府)88,1402.482,1364431,693
14(87)つくばみらい市(茨城県)49,0242.311,106128978
15(362)粟国村(沖縄県)7602.2917-320
16(5)港区(東京都)240,5852.235,2481,4413,807
17(67)大阪市浪速区(大阪府)62,2812.221,353-451,398
18(159)大和町(宮城県)27,7512.0154653493
19(196)中城村(沖縄県)19,2751.9536994275
20(30)戸田市(埼玉県)132,8801.952,5427721,770
21(248)東神楽町(北海道)10,2371.86187-3190
22(92)福津市(福岡県)59,0911.831,064-1091,173
23(66)名取市(宮城県)76,1071.831,3671001,267
24(167)阿久比町(愛知県)27,9191.8250069431
25(75)吉川市(埼玉県)69,8711.791,232691,163
26(165)八重瀬町(沖縄県)29,4961.7751280432
27(24)流山市(千葉県)172,6591.692,8734412,432
28(302)大衡村(宮城県)5,7711.6996-27123
29(10)川崎市中原区(神奈川県)240,0751.643,8831,4522,431
30(48)ふじみ野市(埼玉県)111,9201.631,79961,793
31(214)北中城村(沖縄県)16,9321.5826395168
32(22)文京区(東京都)207,4131.543,1553772,778
33(21)福岡市博多区(福岡県)215,2021.533,2417872,454
34(34)さいたま市浦和区(埼玉県)153,1411.522,2962762,020
35(151)菊陽町(熊本県)39,8561.52595297298
36(79)狛江市(東京都)79,0961.511,173161,157
37(12)墨田区(東京都)258,4231.493,796-1303,926
38(107)豊見城市(沖縄県)61,6581.46888515373
39(162)南風原町(沖縄県)37,1131.45529302227
40(11)豊島区(東京都)275,5071.423,864-4344,298
41(1)江東区(東京都)493,9521.406,8108535,957
42(133)富谷町(宮城県)51,8361.36698147551
43(110)京田辺市(京都府)66,6971.3287265807
44(58)さいたま市大宮区(埼玉県)114,1121.281,4451191,326
45(50)朝霞市(埼玉県)134,1321.271,6836311,052
46(147)野々市市(石川県)51,1261.27639385254
47(127)合志市(熊本県)58,8731.26731177554
48(216)吉岡町(群馬県)20,5421.2525383170
49(368)座間味村(沖縄県)9111.2211-718
50(111)大阪市天王寺区(大阪府)72,2291.22869146723
(資料:日経BPインフラ総合研究所)

人口増減率ランキング2015 表の見方とランキング算出方法

■表の見方
人口(2015住基)
「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成27年1月1日現在)」(総務省)より。表データはすべてこのデータに基づく。
増減率
住民基本台帳人口増減数(2014年1月1日より同年12月31日までの集計)÷2015年1月1日時点の人口数(住民票記載ベース)×100
増減数
住民基本台帳人口増減数=住民票記載数‐住民票消除数
自然増減数
出生者数-死亡者数
社会増減数
(転入者数+その他の住民票記載者数)-(転出者数+その他の住民票消除者数)
注)増減数=自然増減数+社会増減数となる
■ランキング算出方法
「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成27年1月1日現在)」(総務省)の人口増減率を「人口増減率」としてランキング化。政令指定都市は行政区単位で集計した。政令指定都市については、別途参考ランキングを掲載。
注) 「人口増減率ランキング2015」の「人口規模別ランキング」は、「人口総合ランキング2010-15」との比較を可能にするため、「平成27年国勢調査」(速報値)時点の人口を用いた「人口総合ランキング2010-15」と同じ区分した。このため、住民基本台帳ベースの人口数と人口規模の区分は必ずしも一致しない。
■人口増減率ランキング2015

ランキングINDEXに戻る

企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ