• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新・公民連携 円卓会議 2016

記事一覧

地方創生を本音で徹底議論する

新・公民連携 円卓会議 2016

構成:守山 久子=ライター【2017.3.31】

こうすれば、地方創生はもっとうまくいく――。2016年12月22日、民間の立場で地域活性化に取り組む8人のキーパーソンが都内・秋葉原に集結した。制度設計の方向性、地方と東京の関係、公民連携の在り方など、本質的な問題を捉えた討論が繰り広げられた。

(写真:北山 宏一)

外の声を押し付けずに地域の動きを引き出す

――日本のPFI草創期から公民連携の取り組みに携わってきた立場から、地域活性化の支援において何が求められていると考えるか。

井熊(日本総合研究所) 最近、「私たちが提案し過ぎないこと」の重要性を感じている。行政もシンクタンクも一生懸命、地方創生について考えてきたが、お仕着せの政策には限界がある。地域の人たち自身が言い出し、動き出さないと、取り組みは長く続かない。

 東日本大震災の後、会社としてボランティア活動に携わった。そのときに社内で話し合ったのは「まず被災者に寄り添うことから始め、本当にできることがあれば何かしよう」ということだった。そして、被災地で現地の人たちと定期的に芋こじ会を開くようになった。最初はみんな落ち込んでいたが、やがて自発的に「このままではいけない」と、その地で途絶えていた絹織物を再興しようと動き始めた。今は自分たちでカイコを育て、手で紡いだ絹で織物をつくり、販売もしている。地域の人たちが1つの芽を育て上げていった様子を見て、強く心を動かされた。

 「啐啄(そったく)の機」という言葉がある。卵のふ化で、ヒヨコが卵の内側からコンコンと合図をしたときに親鳥が外からちょっと突いて助ける、そのタイミングを意味している。外部の人間は、地域の人たちが自ら動き出すまでじっくりと待ち、その啐啄の機を感じられるようになっていくことが重要だと思う。

――地方が発展していくには、東京はどのような役割を担っていくべきか。

河野(森ビル) まず、東京といっても、「外資系企業が集まる六本木や虎ノ門」「金融の中心である大手町・丸の内・有楽町」など、地域ごとに特徴を持っている。

 そこに企業が来るということは、プレーヤーが来るわけで、プレーヤーが来るということは家族を連れてくるということだ。そのための生活環境、住環境、コミュニティの環境などが整っていなければ、世界の都市間競争で生き残れない。

 一方、地方の場合、東京と正面から争って勝つのは厳しいとしても、その地方を選択した人に「心」の満足を提供できる。もちろん、経済が成り立っていることも重要でありバランスは難しいが、東京では得られないものを提供できるだろう。

 都市と地方は、実はそんなに区別して考えることではなく、日本や世界の中での選択肢の1つであり、それぞれの人たちが目指しているもの、置かれている環境の中で選択するということだと思う。

 とはいえ、東京の発信力は他の都市よりも強いのは確かであり、それを地方創生のために生かしたいという気持ちもある。虎ノ門ヒルズが位置する新虎通りでは、2月から常設ブースなどを設けて、日本全国のモノや食などを発信する「旅する新虎マーケット」(*1)がスタートする。

*1 「旅する新虎マーケット」は、2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合(会長:國定勇人・新潟県三条市長)が主催。全国から463自治体(2017年1月17日現在)が参加している。約3カ月ごとにテーマを設け、旬の食やアイテムを集め、地方の魅力をアピールする。
常設施設の1つ「旅するスタンド」のイメージ(資料:2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合)

――長岡市の市庁舎「アオーレ長岡」(*2)の設計では、市民の参加するワークショップを開いて建物づくりを盛り上げたと聞く。

*2 アオーレ長岡は、2012年に開館した長岡市役所(新潟県)の市庁舎。郊外にあった旧市庁舎の老朽化に伴ってJR長岡駅前の商店街の中に移転し、アリーナや市民交流ホールなどと複合させた。分割された低層の市庁舎の中央に、市民が気軽に足を運べる屋根付き広場「ナカドマ」を配している。
ナカドマの様子(写真:日経アーキテクチュア)

隈(建築家) 設計コンペで選ばれると、私たちはまず地元の人たちから「東京の建築家が来た」と警戒される。建築家が設計すると工事費が高くなるのではないか、地元の要望を聞いてくれないのではないかと不安視されるのだ。

 外から乗り込んでいく私たちは、こうした警戒心を解きほぐす作業から始める必要がある。

 そこで最初に、「私たちはコンペ案そのままの形にこだわっているわけではなく、地元の声を反映させながら設計を進める」と伝えて安心してもらった。

 さらに、縮尺50分の1の大きな敷地模型を何種類か作成して現地に持ち込み、子どもたちと一緒に遊ぶイベントを行った。市民参加のワークショップも開催した。建物の中央に設ける屋根付き広場「ナカドマ」をどう使いたいかというアイデアを出してもらい、必要な内容は随時設計に盛り込んでいった。

 そのときには、建築家側が柔軟に対応するという姿勢を直接示していくことが重要だ。同時に、ワークショップの開催によってプロジェクトに対する市民の当事者意識を高めてもらう狙いもあった。

 計画を進めていく過程では、地元の目線を大切にすることも重要だ。

 アオーレ長岡の設計に際して、ナカドマに居酒屋やレストランを設けると、集客装置として高い効果が見込めるという提案もしたことがある。しかし、当時の森民夫市長から「周辺の商店街に人を流したいので、施設内にそうした店舗はいらない」と断わられた。地域の事情を深く読み取らずに安易な提案をしてしまったと反省している。

森田(大和リース) こうした話や、賑わっているという評判を聞くと、人々は興味を持って「アオーレに行ってみよう」という意欲が湧く。地域の活性化には、そんな「ワクワク感を与える」という視点も大切だ。つくる側自身も、面白い建築をつくろうと意欲的に作業していくことで、仕事に誇りや楽しさが生まれる。

(写真:北山 宏一)
企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ