• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

麓幸子の「地方を変える女性に会いに行く!」

記事一覧

「農家の母さんだからできることがある」その志が年商2億円の事業へと発展

Vol.08 石垣一子さん(陽気な母さんの店代表取締役社長)

聞き手:麓幸子=日経BPヒット総合研究所長・執行役員、取材・文:熊谷渓子=石山デザイン事務所【2017.1.11】

「胸を張って農業をしたい。おいしくて安全なものをつくり、地域に貢献したい」。そう思った秋田・大館の農家の母さんたちが、2001年に立ち上げた直売の店舗、その名も「陽気な母さんの店」。それから15年がたち、2億円を超える売上を上げる株式会社へと成長した。新規事業を次々と立ち上げ、体験交流型直売所として、行政を巻きこんで、グリーン・ツーリズム事業にも乗り出す。設立の中心メンバーであり、初代社長である石垣一子さんに聞いた。

石垣一子(いしがき かずこ)
1953年秋田県大館市生まれ。85年手打ちそば加工「中山そばの会」設立。88年営業許可を取得。95年秋田県女性農業士認定。2001年「陽気な母さんの店」立ち上げのリーダー格として活躍。03年秋田県農林水産大賞(活性化部門)受賞。04年全国女性起業家大賞最優秀賞受賞。08年農山村漁村女性チャレンジ活動 農林水産大臣賞受賞。11年3代目の会長に就任。15年株式会社化に伴い、代表取締役社長に就任(写真:大槻純一)
[画像のクリックで拡大表示]

高校生のときから将来の夢は農家。
「胸を張って農業を選んでいる」と伝えたい

――本日も「陽気な母さんの店」には、地元で採れた新鮮な野菜や果物がたくさんあります。お客さんもいっぱいで繁盛していますね。改めて、石垣さんが農家の女性たちで組織活動を始めようと考えた原点は何だったのでしょうか。

石垣 私は兼業農家に生まれました。家の手伝いは「おしん」よりも大変でしたが、家族で農業ができる週末が楽しみでした。高校生の頃から将来の夢は農家で、20歳で縁あって専業農家の主人と結婚しました。

 でも、実際は、農業の他に家事や子育てをこなし、畑と家を往復する毎日。自分のお金も時間もなくて、だんだん「働かされている」意識が強くなっていきました。そんな働き方に疑問を感じ、「JA若妻会」を立ち上げたことが組織活動の原点となりました。農村に嫁いだ同世代の女性が集まり、おしゃべりや趣味の教室を開催するなか、地元の特産である中山そばの味を受け継ぎたいと、1983年に「中山そばの会」を発足しました。活動が楽しくなるにつれて、妻が明るいと子どもを元気になり家庭の健康を守ることができることを実感。女性の居場所を確保して経済的に安定することが大切なんだなと思ったんです。

――地元の名産のそば加工から、直売に踏み切った転機はなんだったのでしょうか。

石垣 そばの会はつくったものの、男性への遠慮が強くあって、女性が前に出てはいけないのではと悩む日々でした。転機になったのは、「そばの会」が女性起業活動と認定され、95年に女性農業士として海外研修に行く機会を得たことです。そのイギリスで、「日本の女性は三歩下がって男性の影を踏まず歩くと言うが、それは奥ゆかしいことではない。女性も男性と同じ立場でパートナーとしての責任を果たすべき」という考え方を聞き、感銘を受けたんですね。

 でも、そんな矢先、帰国して地元の大館駅で見知らぬ人に話しかけられ、「農家の嫁」だと言うと「大変ですね、ご苦労されているでしょう」と同情されたんです。農業が職業として認められていないことを痛感し、その悔しさが背中を押してくれました。農家の妻だからこそできることがあるはず。女性目線で厳しい農業情勢を乗り越える方法を模索しようと決めました。

企画・運営
  • 日経BP総合研究所
お知らせ
pickup

ページトップへ