• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

麓幸子の「地方を変える女性に会いに行く!」

記事一覧

人材不足なんのその――地方の女性の力を最大限に生かす建設会社が、まちを変えていく

Vol.11 籠田淳子さん(ゼムケンサービス代表取締役)

聞き手:麓 幸子=日経BP総研マーケティング戦略研究所長・執行役員、取材・文:谷口 絵美【2017.7.12】

福岡県北九州市にある「有限会社ゼムケンサービス」は、男性中心の建設業界にあって、社員8人中6人が女性というユニークな会社だ。女性の生活者としての視点や細やかな感性を生かした設計力、そして顧客の価値を空間デザインに落とし込むブランディング力を武器に「繁盛する場づくり」で実績を上げている。また、ワークライフバランスを尊重する働き方の工夫によって時間的制約のある女性にも活躍の機会を広げ、2014年には経済産業省の「ダイバーシティ経営企業100選」を受賞した。代表の籠田淳子氏に、建設業における女性の強みとその生かし方について聞いた。

籠田淳子(こもりた じゅんこ)
滋賀県立短期大学工学部建築学科卒業。ハウスメーカー勤務やヨーロッパ留学などを経て、1993年に実家であるハゼモト建設株式会社に入社。2000年に有限会社ゼムケンサービス代表取締役に就任し、女性ならではの感性や視点を生かした設計・施工と、女性の活躍機会を広げる働き方の工夫や人財育成に取り組む。09年に「北九州市ワーク・ライフ・バランス表彰」市長賞、13年に内閣府の「女性のチャレンジ賞」受賞。一級建築士、管理建築士、インテリアプランナー。法政大学経営大学院イノベーションマネジメント研究科在学(写真:大槻純一)
[画像のクリックで拡大表示]

中洲で働く女性たちを応援する場所にしたい
オーナーの思いからビル工事を受注

――こちらはゼムケンサービスが手がけている建設現場とのことですが、福岡市博多区の中洲川端駅からすぐ近くですね。商業ビルでしょうか。

籠田代表(以下、籠田) はい。今年1月から本格的に着工して、7月に完成予定の8階建てのビルです。私たちは北九州市の会社ですので福岡市の現場というのは珍しいのですが、ビルのオーナーさんからご指名いただきました。

 中洲は九州有数の歓楽街ですが、このビルは中洲を訪れる男性のためというよりも、中洲で働く女性たちを応援するような場所にしたいというオーナーの思いがあり、女性の視点を強みとするうちの会社に声をかけてくれたそうです。入居するテナントの開発にも協力していて、例えば託児所が入ったりしたらいいなと考えています。

――単に建物を建てるだけではなく、そこをどう生かすかといったコンサルティングまで行っているんですね。ゼムケンサービスの事業内容について詳しく教えていただけますでしょうか。

籠田 特定建設業、一級建築士事務所として、北九州市内を中心に建築の設計や施工を行っています。社員8人のうち女性が6人で、内訳は一級建築士が4人とデザイナーが2人。男性2人は技術者で、社員全員が営業とデザイナーを兼務しています。

 売り上げの中心はオフィスや店舗、病院、福祉施設といった、多くの人が集まる「店づくり」で、一般的な建設会社には珍しいブランディングやVI・CIといった空間のプロデュースも手がけているのが特徴です。最新の事例では、北九州市小倉南区に2016年12月にオープンした「菓匠きくたろう」の設計・施工を担当。店のコンセプトづくりからクライアントと一緒に行いました。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
福岡市中洲の建設現場にて。ユニフォームの肩の部分には経済産業省の「ダイバーシティ経営企業100選」のロゴマークを付けている(写真:大槻純一)
企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ