世界では対戦型のコンピューター・ゲームを“eスポーツ”と呼び大いに盛り上がっている。多数のアスリートやプロチームが存在し、将来はオリンピック競技になる可能性まであると言われている。ところがゲーム大国のはずの日本は、eスポーツ後進国。ようやくeスポーツで稼げるチームが登場し始めたところだ。はたしてゲームをプレーすることでどのくらい稼げるものなのか? eスポーツに挑戦する日本のプロチームに迫る!

 熱狂渦巻く大会場を埋めつくした観衆たち。その声援が一際大きくなると、いよいよ優勝を決める決勝戦が開始される。舞台正面の巨大スクリーンに映し出されているのは、なんとコンピューター・ゲーム。近年、世界的な盛り上がりをみせる“eスポーツ(Electronic sports)”の大会には、優勝者に億単位の賞金が払われるイベントもあって、世界的人気を誇るプロチームやプロゲーマーが多数存在している。

クリックすると拡大した画像が開きます
米ラスベガスで開催された格闘ゲームイベント「Evolution 2016」の会場風景。リアルな格闘技の大きなイベントと何ら変わらない盛り上がりを見せる

 中でも、今盛り上がっているeスポーツが、世界で最もプレイヤー人口が多いとされる『League of Legends(リーグ・オブ・レジェンズ)』通称“LoL”だ。2016年、日本でも日本語版の運営が始まり、公式リーグ戦も行われるようになった。

 そうしたeスポーツで活躍するプロチームのひとつに、DetonatioN Gaming(デトネーションゲーミング)がある。そのLoL部門チーム DetonatioN FocusMeは、2015年からフルタイムの給与制を採用。選手は6LDKのマンション、その名も「ゲーミングハウス」で共同生活を送り、日々、ゲームの腕を磨いている。

 プロのゲーマーといえば“魂の16連射!!”の高橋名人くらいしか思い浮かばない世代にとって、はたしてゲームで本当に生活できるのか、どんなトレーニングを行っているのか想像できない。そこで、彼らが所属する株式会社Sun-Gence(サン・ジェンス)代表取締役社長の梅崎伸幸氏に、eスポーツの展望や選手生活について聞いた。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
2016年、『League of Legends』の日本での運営が始まり公式リーグ戦がスタート。写真は、8月7日にグランドプリンスホテル新高輪で開催された「LJL 2016 Summer Split Final」の大会風景 (c) 2016 Riot Games, Inc. All rights reserved.

Next日本ではあまり知られていないeスポーツの活況