全長約2.5メートル、全幅約1.3メートル。世界最小レベルでありながら、4人乗りという超小型電気自動車(以下、超小型EV)が、いよいよ量産化に向けて大きな一歩を踏み出す。開発したのは2013年2月創業のベンチャー企業、FOMMの鶴巻日出夫社長だ。まずはタイ、その後アジア地域での普及を目指す。そんな鶴巻社長に、超小型EVの特徴や開発の経緯、今後の目標を伺った。前編と後編の2回にわたってお届けする。前編では、開発の経緯と試作車完成までの道のりについて紹介しよう。

FOMMの鶴巻社長が開発した超小型EV。災害時には水に浮き、水中を進むこともできる。画像は静岡県の竜洋海洋公園で行った実証実験の様子(写真:FOMM)

超小型EVで地球温暖化防止に貢献したい

 現在、日本では公道を走ることが認められている超小型EVは1人乗りしかなく、用途もコンビニエンスストアのデリバリーなど業務用が中心となっている。国土交通省が2人乗りの超小型EVの導入に向けて実証実験を推進している最中だが、法制化の目途は立っていない。

 それに対し、鶴巻氏が開発した超小型EVは4人乗りで、しかもパーソナルユース用が特徴だ。加えて、台風や洪水、津波などの災害時には水にプカプカ浮き、タイヤに装備されたモーターで水中を進むこともできる。

FOMMの鶴巻社長が開発した超小型EV(写真:FOMM)

 鶴巻氏がパーソナルユースの超小型EVにこだわる理由は、地球温暖化防止に少しでも貢献したいという強い思いからだ。鶴巻氏はこう語る。

 「ここ数年、世界各国でゲリラ豪雨や巨大台風など異常気象による大規模災害が頻発しています。CO2排出量の削減は喫緊の課題であり、その中で、長年自動車メーカーに勤め、自動車の設計、開発に携わってきた私ができることは、パーソナルユースを目的とした超小型EVの開発しかないと考えました」

 現在、自動車から排出されるCO2の占める割合は、世界規模で約20%。そのため、走行中にCO2を排出しないEVに期待が高まっているものの、なかなか普及しないのは、高価格で、ガソリン自動車やハイブリッド車に比べて航続距離が短いからだ。

 それに対し鶴巻氏が開発した超小型EVは、既存のEVに比べてバッテリー容量が少なくて済むため、より低価格を実現できる。また、自宅のコンセントを使えば、約6時間でフル充電が可能だ。急速充電は行わないので、バッテリーの長寿命化にもつながる。

Nextネットで交換用電池を管理する「バッテリー・クラウ…