身のまわりのさまざまな物の「IoT(モノのインターネット)」化が急速に進んでいる現在、単に製品がネットにつながるという程度では、目の肥えたユーザーに見向きもされない。サンスターが販売するIoT対応“スマートハブラシ”「G・U・M PLAY(ガム プレイ)」も、開発の際にそうした悩みを抱えていたという。
 同社が導き出した結論は、「専用アプリのコンテンツを徹底的にこだわって作り込むこと」。IoT化のもたらす価値は、ハードウエアそのものにあるのではなく、アプリやクラウドサービスを通じた新しいユーザー体験や意識の改善にこそあると考えた。
 「目指したのは『楽しさ』と『継続性』。最終的な目的は、ユーザーに歯磨きがうまくなってもらうこと」、開発を手掛けた松富信治氏はこう話す。この後編では、松富氏らがガム プレイ向けに開発した3つの専用アプリが具体的にどんなもので、どのような工夫が盛り込まれているのかを探っていく。

サンスターが販売するIoT対応スマートハブラシ「G・U・M PLAY(ガム プレイ)」。
クリックすると拡大した画像が開きます

 前編(IoT歯ブラシがもたらす“口内革命”、サンスター「G・U・M PLAY」が歯磨きを楽しくする理由)で紹介したように、サンスターのスマートハブラシ「G・U・M PLAY(ガム プレイ)」には、「マウスチェック」と「マウスログ」という2つの基本機能が用意されている。これだけでも、やる気がある人なら毎日歯磨き状態をチェックしてスキルを高めていくことは可能だ。

 だが、筆者も含め、単調な効果測定と記録を日々コツコツと続けるのはなかなか難しいと感じる人もいるだろう。要するに“飽きっぽい”人だ。そういう人に物事を継続してもらうためのアプローチはさまざまあるが、やはり“楽しさ”を感じてもらうのが最も有効である。いわゆる「ゲーミフィケーション」の考え方だ。

 サンスターでもそのように考え、毎日楽しみながら歯磨きを上達してもらうために、3つの専用アプリを開発したという。具体的には、(1)知育アプリの「MOUTH MONSTER(マウスモンスター)」、(2)音楽アプリの「MOUTH BAND(マウスバンド)」、(3)ニュースアプリ「MOUTH NEWS(マウスニュース)」――という3つのアプリだ。以下、順番に見ていこう。

Nextハミガキを嫌がる子供が夢中になれる「マウスモンス…