歯科衛生士35人のブラッシングデータを基に歯磨き動作を理想化

 では、実際にガム プレイでどんなことができるのか。アプリに搭載されている基本機能は、「マウスチェック」と「マウスログ」の2つだ。

 マウスチェックでは、歯磨きを採点してくれる。歯磨きを始めると、歯ブラシの動きが波形(ブラッシングピッチ)で表示され、100点満点で何点かがリアルタイムで分かる。

歯磨きを採点してくれる「マウスチェック」
クリックすると拡大した画像が開きます

 単純なようだが、実はこの点数化にかなり苦労したという。開発に着手する以前にはそもそもこうしたデータなど存在しなかったため、社内の歯科衛生士35人のブラッシングをセンシング。それらを平均化していくという地道な作業を何度も繰り返し、1つの理想形をつくった。それに近い動かし方ができていれば高得点が出る格好だ。

 歯を1本ずつ、小刻みに、というのが基本の磨き方。雑に動かすと点数(スコア)が下がり、細かく動かすと点数が上がる。また、「BAD」「GOOD 」「BEST」の3段階のレベルでも表示される。

 マウスチェックは、いわば正しい歯磨きの感覚を養うための練習ツールだ。波形を見ながら、歯磨きのピッチや強さの訓練ができる。高い点数を取ろうとすると、「手が疲れる」という声をよく聞くという。実際に試してみると、かなり意識して動かさないときれいな波形を描けなかった。

 ただ、これは動かし方のみで採点している点に留意が必要だ。正しく歯を磨くには、歯にブラシを当てる角度や強さなども重要となる。取材時点では、これらについてはまだ組み込めておらず、今後の課題とされていた。

Next実際に1カ月試してみたら、歯磨きスキルが劇的に向…