<前編記事「任天堂のDNAを全て継承! 新ゲーム機「Nintendo Switch」が“スイッチ”したいものは何か?」はこちら

 任天堂が2017年3月3日に発売した家庭用の新型ゲーム機『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』。据え置き型ゲーム機としても、外に持ち出して使うモバイルゲーム機としても遊ぶことができ、また、先端技術が詰まった画期的なコントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」を搭載することなどから、「単なるゲーム機の枠を超えた新しい体験ができそう」とゲームファンのみならず注目度は非常に高い。

任天堂の家庭用新型ゲーム機『Nintendo Switch』
クリックすると拡大した画像が開きます

 ただし、どんなに革新的で技術的に優れていても、肝心のゲームをはじめとするソフトが充実しなければ“ただの箱”だ。果たしてNintendo Switchは、どのように我々を楽しませてくれるのだろうか。また、さらにその先の可能性として、ゲーム機の枠を超えた未知の体験などももたらしてくれるのだろうか。後編となる今回は、そのあたりを探っていく。

注目は「1-2-Switch」と「ARMS」の2本

 任天堂がNintendo Switchと同時に発売したゲームタイトルは、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『1-2-Switch(ワンツースイッチ)』『いっしょにチョキッと スニッパーズ』の3本。その他、サードパーティーからも13本ほど発売される。

 3タイトルのうち、本数的に売れるのはおそらくゼルダの伝説だろう。しかし実はこのゲーム、前世代のWii U向けにも同時に発売される。つまり、ゲームそのものの完成度や面白さはさておき、「Nintendo Switchらしさ」はあまりない。もちろん、自宅では大画面テレビで遊び、そのまま外に持ち出して遊べる点などに、Nintendo Switchのメリットを感じることは可能だ。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』
(c)2017 Nintendo
クリックすると拡大した画像が開きます

 だが、よりNintendo Switchらしさを味わえるのは、やはり「Joy-Con」を活用するタイプのゲームである。そのモデルゲームとするべく、任天堂が初期タイトルとして用意したゲームタイトルが2本ある。同時発売タイトルのうちの1本である「1-2-Switch」と、2017年春発売予定の体感型格闘ゲーム『ARMS(アームズ)』だ。それぞれ、どういう新しい体験ができるのか、順に見ていこう。

Nextゲームの画面を見ないで、相手の目を見て遊ぶ