2016年夏にリリースされ、日本中で大ブームを巻き起こした「ポケモンGO」をはじめ、現在のゲーム市場を牽引しているのは「スマホゲーム」である。世界的にも、もはやPCゲームを抜いてスマホやタブレットのゲームアプリが全盛となっている現状の流れに対して、真っ向から挑もうとしているのが任天堂だ。2017年3月3日に発売する家庭用の新型ゲーム機『Nintendo Switch』で対抗する。

任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」
クリックすると拡大した画像が開きます

 Nintendo Switchは、同社が2012年から販売してきた「Wii U」の後継となる新型ゲーム機だ。Wii Uと同様に、据え置き型ゲーム機としてテレビに接続して遊べるが、それだけではない。本体に備わった液晶モニターを利用してテーブルの上で遊べたり、外に持ち出せるモバイルゲーム機にもなったりと、プレイスタイルを自由に“スイッチ(切り替え)”できるようになっている。

 スイッチできるのは、遊び方だけではない。実際に手に取り、体験してみると、「もっと大きな何か」をスイッチできる可能性まで感じさせる。それはいったい何か――。17年1月13日に開催されたプレス発表会を子細に振り返りながら、任天堂が何を目指そうとしているのかを探っていこう。

“世の中の流れを切り換える”という強烈な意思表示

 「Switch(スイッチ)」という単語からは、任天堂のさまざまな“思惑”が読み取れる。特に顕著に感じるのが、“流れを切り換える”という意志だ。これまで、ファミコンやゲームボーイ、3DS、Wii…など、世界中で大ヒットした数々のゲーム機を生み出し、ゲーム業界を牽引してきた同社が、「失敗」とまで言われたWii Uを乗り越え、急成長するスマホゲームに流れるユーザーに対してどうアプローチするのか。

クリックすると拡大した画像が開きます

 1月、東京ビッグサイトで開催されたプレス発表会の会場では、開始前からDJがテクノミュージックを大音量で流し、レーザー光線が飛び交うクラブイベントさながらの演出のなか、カウントダウンに続いて“カチッ”というスイッチ音で発表がスタートした。この演出一つとっても、Nintendo Switchで遊び方だけでなく、「ゲーム業界、ひいては世の中の流れ」そのものまで変えたいという任天堂の“気合い”がヒシヒシと感じられた。

Nintendo Switchを発表する任天堂の君島達己・代表取締役社長
クリックすると拡大した画像が開きます

Next「任天堂のDNA」が全て組み込まれている