就農者の高齢化や減少で、日本の農業は労働者不足という深刻な問題を抱えている。一方、安価な外国産農産物との競争は激しくなるばかり。こうした課題の解決策として期待されているのが「ロボット技術」だ。ロボット技術の積極的活用により大幅な生産性の向上を図ると同時に、労働力を補うことを目指す。
 フューチャアグリは、そうした農業用ロボットを開発するベンチャー企業だ。代表の蒲谷(かばや)直樹氏は大手事務機器メーカーを経て、2009年にトマト栽培農家に転身。2013年に会社を設立したというユニークな経歴を持つ。いわば門外漢である蒲谷氏が独自の視点で手掛けた低コスト小型農業用ロボット「栽培見回りロボット」や「自律移動台車ロボット」とはどんなものか。その特徴や今後目指す姿などを蒲谷氏に聞いた。

 農業が抱える課題の一つは、これだけ様々な分野で技術革新が進んでいるにもかかわらず、労働生産性が数十年前と比較しても依然としてほとんど改善されていないことだ。

 「農業というと、極端な話、タオルを頭にかぶった日焼け顏のおじいさんが、鍬を持ってえっちら畑を耕しているといった何十年も前からの思考・イメージで固定化されてしまっている。逆に言えば、ロボットの利用で生産性向上を実現できれば、農業はたちまち変貌を遂げられる」。蒲谷氏はそんな考えの下、農業向けロボットを開発している。

フューチャアグリ代表の蒲谷直樹氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 例えば、作物の生育管理。質の高い農産物を栽培するには、常時、生育状況を把握しておく必要がある。ただ、人間が自分で見回れる範囲は限られるため、栽培規模の拡大が難しい。だったら人間の代わりとしてロボットにそうした作業をやらせればいい――。そんな発想に基づき、蒲谷氏が開発したのが「栽培見回りロボット」だ。

「栽培見回りロボット」
クリックすると拡大した画像が開きます

 ロボットには、5000円前後で購入可能な小型のマイコンボード「Raspberry Pi(ラズベリーパイ、通称ラズパイ)」やカメラ、各種センサー、バッテリーなどを搭載。ロボットは自律的にビニールハウス内を動き回り、高性能センサーでハウス内部の温度や湿度、照度、二酸化炭素濃度などを計測。また、現場の画像を撮影し生育具合を解析したり、害虫や病気の発生を検知したりもする。このロボットを導入することにより、蒲谷氏の見立てでは「栽培管理作業を従来の3分の1にできる」という。

Next「固定すべき」という固定観念を捨てたアプローチ