• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

リポート

記事一覧

オリンパスにCYBERDYNE、フクシマの求心力

「ふくしま医療機器開発支援センター」が11月開所

大下 淳一=日経デジタルヘルス【2016.9.23】

「日経デジタルヘルス」2016年8月29日付の記事より

 「福島県の復興には、“命を預かる産業”である医療機器産業の発展が欠かせない。世界をリードする一大集積拠点を福島につくりたい」――。

 福島県は2016年8月23日、同年11月に郡山市に開所する「ふくしま医療機器開発支援センター」のオープニングプレイベントを東京都内で開催した(関連記事1)。同センターは国内初をうたう、医療機器の開発から事業化までを一体的に支援する拠点。大型動物(ブタ)を使った安全性試験や、人材育成、マッチング、コンサルティングなどの機能を医療機器メーカーや医療機関、ものづくり企業などに向けて提供する(同2)。

福島県知事の内堀雅雄氏
[画像のクリックで拡大表示]

 プレイベントの基調講演には、福島県知事の内堀雅雄氏が登壇。東日本大震災からの復興の原動力の1つに位置付ける、医療機器産業育成の取り組みを語った。

 福島県は2005年から「うつくしま次世代医療産業集積プロジェクト」を推進。同年に全国8位だった医療機器生産金額は、2014年に全国3位まで高まった。医療機器の受託生産金額では全国1位。医療機器製造業の登録企業数も過去10年間で2倍に増えるなど「層の厚い医療機器産業」(内堀氏)が育ちつつある。ふくしま医療機器開発支援センターの設立で、これをさらに後押しする狙いだ。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ