• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

事例研究

記事一覧

官民の敷地をまたいで屋外マーケットを開催、フィルと大阪市大正区

公共緑地の管理にも民間の活力を生かす

長井 美暁=ライター【2016.9.1】

手入れの行き届かない公共の緑地に、隣接地に本社屋と基幹店舗を構える民間事業者が価値を見いだした。緑地との一体利用が可能な形で自社敷地を整備。行政と連携しながらイベントを開催している。公共空間を活用した賑わいの創出に力を入れている大阪市大正区と、DIY用壁紙の販売会社フィルの取り組みを追う。

4月に開催した「大正DIYマーケット」の様子。左は旗艦店「WALLPAPER MUSEUM WALPA」と倉庫を含むフィルの本社社屋。2日間で約5000人が来場した(写真:大正区)
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪市大正区は区全体が川や海に囲まれている。それらに面する水辺を貴重な地域資源とし、地域活性化に生かそうとしている。

 大正区は今年4月、オンラインショップ「壁紙屋本舗」や輸入壁紙専門店「WALPA」を運営するフィル(大阪市大正区)と、「大正DIYマーケット」を共催した。2015年11月に続く2回目で、いずれも会場はWALPAの旗艦店「WALLPAPER MUSEUM WALPA」と、同店に隣接する「大正内港臨港緑地」を一体的に活用した。

大正DIYマーケットの時の臨港緑地側の会場。大正区も出展した(写真:大正区)
[画像のクリックで拡大表示]

 「大正DIYマーケット」の開催時には、フィルの敷地と臨港緑地の境界の柵の扉を開放し、臨港緑地と連続させた。このイベントはフィルの本社新築移転と「WALLPAPER MUSEUM WALPA」が2015年11月にグランドオープンしたのを記念して開催したのが始まり。今年4月の2回目ともども大正区と共催という形をとったが、主導するのはあくまでフィルだ。同社の呼びかけによりDIY業界で有名な、感度の高い出店各社が集まり、ワークショップを開くなどした。1回目はオープン前に100人ほどの行列ができ、2回目も2日間で約5000人の来場者があった。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
大正DIYマーケットの各店が開催したさまざまなワークショップ。子どもにものづくりを体験させられると人気だった(写真:長井美暁)
会場で歌う筋原区長(左)。曲は、大正区が開催する「T-1ライブグランプリ」の優勝者と共に作った、フィルのテーマソング。T-1ライブグランプリは若手のアマチュアミュージシャンを応援するコンテストで、過去7年間に2人のプロが生まれた(写真:大正区)
[画像のクリックで拡大表示]
大正DIYマーケットの時には「WALLPAPER MUSEUM WALPA」の店内も大勢の人で賑わった(写真:長井美暁)
[画像のクリックで拡大表示]
企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ