※「日経アーキテクチュア」2015年6月10日号の記事を一部転載

全国初の「本庁舎・分譲マンションの上下合築」として注目されていた豊島区庁舎が開庁した。区有地の権利変換と旧庁舎の跡地利用により、「借金ゼロ」で建て替えを実現。周辺の人の流れを変え、地域整備の起爆剤となることが期待されている。

[画像のタップで拡大表示]
低層部を南西から見る。前庭に並ぶ樹木の新緑が、庁舎の外装(エコヴェール)に点々とつながっていくように見える。その上にはペンシル状の超高層マンションがそびえ立つ(写真:浅田 美浩)

 東京・南池袋の再開発事業である「としまエコミューゼタウン」が今春、完成し、低層部の豊島区庁舎が5月7日に開庁した。住宅部を含めた総事業費は約434億円。庁舎と民間マンションを一体開発した例は過去にもあるが、上下の本格的な合築は全国初だ。合築もさることながら、緑を立体的に配した足元まわりのデザインも庁舎とは思えない大胆さだ。

 設計は日本設計が担当した。同社は首都圏不燃建築公社とともに初期段階から再開発の検討に関わっており、09年に公募プロポーザルで改めて設計者に選ばれた。その際、隈研吾建築都市設計事務所とランドスケープ・プラスが設計協力者として加わった。

 設計チームは庁舎とマンションを「1本の大きな木」とみなし、設計を進めた。外観のデザイン監修を担当した隈研吾氏は、「普通につくると庁舎はタワーの『基壇』のような硬い存在になってしまう。それを避けるため、外部をエコヴェールで柔らかく覆った」と語る。

 エコヴェールは、外壁の外側にフレームを立て、約1m×6mのパネルを市松状に取り付けたもの。緑化パネル、太陽光発電パネル、再生木ルーバー、ガラスで構成される。単一素材で構成しなかったのは、「都市にはノイズがあったほうがいい。将来、パネルを部分的に取り替えることもしやすい」(隈氏)と考えたからだ。