• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

用語集

記事一覧

コミュニティサイクル

黒田 隆明【2016.3.9】

 コミュニティサイクルとは、街中に複数のサイクルポートを設置し、利用者がどのポートからでも借用、返却ができるレンタル自転車サービス。「自転車シェアリング」「シェアサイクル」などと呼ばれることもある。

コミュニティサイクルのイメージ(資料:千代田区)
[画像のクリックで拡大表示]

 国土交通省「全国コミュニティサイクル担当者会議」(2015年3月開催)の資料によると、国内でコミュニティサイクルを導入している都市は72都市(2014年11月1日時点)。導入目的は観光、公共交通の機能補完、地域の活性化が多い。規模は、平均自転車台数が170台(最大1250台)、ポート設置数が平均8カ所(最大46カ所)。利用度合いは、1日の平均利用回数が97回(最大907回)、回転率が平均0.4回/台・日(最大3.3回/台・日)だ。また、約7割の事業において、行政による財政措置が行われている。

 海外では、仏・パリ市のシェアサイクルシステム「ヴェリブ」(1800ポート・2万3600台)、英・ロンドン市の「サンタンデール・サイクルズ」(700ポート・1万台以上)のように大規模な運営事例もある(数値は2016年3月9日時点・公式ウェブサイトによる)。

「用語集」その他の記事

用語集一覧

企画・運営
  • 日経BP総研


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ